« クリスマスローズゴールドネクタリー新芽のその後Ⅶ(4月) | トップページ | クリスマスローズの病気のその後Ⅸ(4月)-② »

クリスマスローズの病気のその後Ⅸ(4月)-①

クリスマスローズゴールド系2年苗(黄ゴールド×ゴールドネクタリー)の昨年10月から今年4月までの病気の様子です。

始めに2009年10月初旬の様子です。葉に黄色い斑点が現れ、ベト病にかかったと思われた状況です。

Img_0592_2 

10月下旬の様子です。新芽が真ん中に1本あがりました。古い葉は黄色の斑点から部分的に黄色くなったので、一部を切除しました(一番右側の葉)。

Img_0833

11月下旬の様子です。新芽がもう1本左側にあがりました。ただし、その葉に黒いすじ状の線が入り、茎も黒くすすけてきたので、ブラックデスにかかったと判断を変更し、隔離しました。古い葉は急速に黄色くなったので、右側の1本を除いて切り落としました。

Img_1022

12月下旬の様子です。古い葉の1本も切り落としました。右側の新しい葉だけは病変が出ていませんが、茎が黒くすすけてきました。左側の新しい葉にかなり黒いすじ状の線が入り、周囲が黄色くなり始めました。

Img_1576

2010年2月下旬の様子です。1月下旬よりもベト病的症状が強くなりました。ブラックデスなのかベト病なのか、それとも複合的な病気なのかよく分からなくなりました。今年の新芽が2つ見えますが、どうも病気気味です。

Img_2639s   

4月下旬の様子です。昨秋出た大きな葉2本と小さな葉2.5本に加え、今年の新芽3本が小さく葉を展開しました。さらに新芽が2つ見えています。新しい葉には今のところ病斑は出ていませんが、茎はやはり黒くなっています。ただ、成長期のためか色がうすかったり、片側だけ黒くなったりしています。

Img_3566

左側の葉を拡大したところです。褐色の斑点の周囲の黄色い部分が3月よりもさらに広がりました。右側の葉にも同じような褐色の斑点が少し見られます。

Img_3567

新芽はどうも大きくなりません。ただ、他の病気の苗は新芽がかなり伸びてきたものもあるので、これからの芽は大きく伸びてくれるかも知れません。病気のせいか少し生育が悪い気がしますが、病気がひどくならないだけいいと思っています。

|

« クリスマスローズゴールドネクタリー新芽のその後Ⅶ(4月) | トップページ | クリスマスローズの病気のその後Ⅸ(4月)-② »

クリスマスローズ」カテゴリの記事

コメント

画像を拝見させていただいたら、うちでも何鉢か似たような症状のがあり、何の病気なのかが判断できずにいます。
茎が黒っぽくはなっても、ネットで見るブラックデスの画像ほどはテカテカしてないものだと、判断に困って処分を躊躇してしまいます。
べと病だと葉っぱの症状ばかり説明されてて、茎や苞葉に出る症状の説明が無いですね。

その後花はどうなりましたか?

投稿: | 2019年1月13日 (日) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスローズの病気のその後Ⅸ(4月)-①:

« クリスマスローズゴールドネクタリー新芽のその後Ⅶ(4月) | トップページ | クリスマスローズの病気のその後Ⅸ(4月)-② »