« 緑のカーテン 白ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ)のその後Ⅳ(最後のまとめ)(2012/7/29) | トップページ | 日光 小田代ケ原のトレッキングと温泉Ⅱ(2012/7) »

日光 小田代ケ原のトレッキングと温泉Ⅰ(2012/7)

連日の猛暑でどこか涼しい所へ行きたくなります。つい先日まで(7月24日(火)~26日(木))妻と日光に行っていたのですが、また戻りたくなりました。

日光は樹木の緑が深く、湖を渡る風がとても爽やかでした。

7月24日(火)、東武浅草駅から9:30発のスペーシアけごん7号に乗車。

改札口すぐ上のハト時計です。

Img_6812

11:18に東武日光駅着。駅前の湯元行バスに乗り換えて、12:20頃中禅寺温泉に到着。お昼を食べるために中禅寺湖畔を立木観音方向に歩きます。

ところが、お目当てのお店は閉店していました。止むを得ず近くのレストラン「メープル」に入り、ビーフカレーのランチ(1,400円)を食べました。

昼食後、立木観音を見ることにしました。立木観音は以前行ったことがありますが、随分前なのでまた訪ねることにしたものです。

立木観音は、正式には中禅寺立木観音といい、日光山輪王寺(世界遺産)の別院です。本尊の千手観音菩薩(重要文化財)は、桂の立木を中禅寺を創建した勝道(しょうどう)上人自身が手刻したと伝わることから、「立木観音」とも呼ばれています。

Img_6815

境内の最高所にある五大堂からは中禅寺湖が一望できます。

Img_6817

立木観音を見てからは、日光ではまだ遊覧船に一度も乗ったことがないので、遊覧船に乗ることにしました。Dコース(名所おお廻り)に乗船(1,200円、所要時間55分)。

Img_6827

湖をほぼ一周します。湖上からは周囲の山々や鬱蒼と茂る林が見え、男体山のきれいな姿も見えました。

Img_6824

下船後、中禅寺温泉のバスターミナルまで戻り、今日宿泊するホテル四季彩に迎えにきてもらいました。

15:30頃ホテルにチェックイン。四季彩は、中禅寺湖畔より少し上の林の中に建つとても静かなホテルで、お湯は白く濁った温泉です。

明るくゆったりとしたロビーです。コーヒーや冷たいレモンティーなどの飲み物が自由に飲めます。

Img_6828

部屋でしばしくつろいでから、お気に入りの温泉へ行きました。男女とも内湯と露天風呂があり、男性用の露天は屋根付きと屋根なしの2箇所があります。

屋根付きの露天風呂です。日差しや雨をよけることができ、なかなか風情があります。

Img_6829

屋根なしの露天風呂です。真っ白で、湯に浸かるとプ~ンと硫黄の匂いが鼻を突きます。たまりません。泉質は、含硫黄ーカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩泉です。

Img_6830

ゆっくりとお湯を楽しんでから部屋に戻り、夕食までのんびりしました。部屋からも樹々の緑が見えて癒されます。

18:30からレストランで夕食。地元の素材を生かした懐石料理は、どれもとても美味しかったです。メインは、栃木和牛の豆乳しゃぶしゃぶ鍋でした。

夕食後もまたお湯に浸かり、心身ともにリラックスしました。

明日は、小田代ケ原をトレッキングします。ホテルは連泊なので、ゆっくり出発です。

|

« 緑のカーテン 白ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ)のその後Ⅳ(最後のまとめ)(2012/7/29) | トップページ | 日光 小田代ケ原のトレッキングと温泉Ⅱ(2012/7) »

国内旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光 小田代ケ原のトレッキングと温泉Ⅰ(2012/7):

« 緑のカーテン 白ゴーヤ(ニガウリ、ツルレイシ)のその後Ⅳ(最後のまとめ)(2012/7/29) | トップページ | 日光 小田代ケ原のトレッキングと温泉Ⅱ(2012/7) »