« 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) | トップページ | 今年3、4番目に我が家へ来たクリスマスローズ(2013/2) »

ヘレボルス倶楽部 第12回クリスマスローズ展(2013/2/9)

暖かくなったり寒くなったり今年は変化の激しい天気です。強風が収まった今日(2月9日)から、ヘレボルス倶楽部の第12回クリスマスローズ展が文京区の音ノ葉*で始まりました(2月24日まで)。
 *音ノ葉=地下鉄有楽町線江戸川橋駅からバスか徒歩又はJR目白駅からバス

Img_9667

音ノ葉では、ヘレボルス倶楽部の展示会に合わせてクリスマスローズを多数販売するので、多くの人で賑わいます。

Img_9735

ヘレボルス倶楽部の展示株は、棚の左側から寄植え、原種、原種交配、ダブルといったように並べられています。今年は昨年に比べてだいぶ開花してきているので、会期が進むにつれてさらに楽しめると思います。

Img_9703_2

展示株を幾つかアップします。

プルプラセンス
Img_9683

クロアチカス ブラックピコティ
Img_9685

ムルチハイブリッド×ボッコネイ 淡いグリーン
Img_9687

チベタヌスハイブリッド 薄ピンクベインスポット
Img_9690

プチドール ペールグリーン
Img_9681

ヒブリドゥス ソフトピンクダブル
Img_9677

ヒブリドゥス ダークパープルダブル
Img_9679

ヒブリドゥス イエローフラッシュダブル
Img_9694

ヒブリドゥス ホワイト絞りダブル
Img_9696

次に販売株を幾つかアップします。販売株は横山園芸、松浦園芸、松村園芸、大木ナーセリー、大森プランツ、大和園、広瀬園芸のコーナーに分かれていますが、ランダムにアップします。昨年よりもさらに種類と鉢数が多く、値段もかなり幅があります。

始めに比較的レアな品種からアップします。

ブライアーローズ
Img_9722

トルカータスダブル(ダイドー実生)
Img_9736

オドルスゴールド
Img_9731

ヨシノスポット
Img_9639

続いて他の販売株を幾つかアップします。

ミルフィーユ系ダブル
Img_9617

ブラックブロッチダブル(実際はかなり黒いです)
Img_9625

ミルフィーユダブル
Img_9627

ピンクスポットダブル
Img_9631

アプリコットゴールドシングル
Img_9651

ゴールドネクタリーセミダブル
Img_9653

クレオンシングル
Img_9663

ホワイトピコティ
Img_9704

イエローイトピコティダブル
Img_9665

グレープバイカラーダブル
Img_9733

こんな変わったクレマチス咲もありました。
Img_9635

開花株だけでなく、苗も色々販売されています。

ゴールドネクタリーイトピコティ
Img_9738

まだまだアップしたい株が沢山ありますが、クリスマスローズはどれをとっても一つとして同じものがないので、これぐらいにしたいと思います。

他にもご覧になりたい方は、どうぞ音ノ葉まで足をお運ぴ下さい。ただし、欲しい株は既に売れているかもしれません。でも、色々あるので見てるだけでも楽しいです。   

|

« 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) | トップページ | 今年3、4番目に我が家へ来たクリスマスローズ(2013/2) »

クリスマスローズ」カテゴリの記事

コメント

クリタケさま アドバイス&沢山のお写真ありがとうございます。
さすが立派なものばかりですね。

我が家の病気の子はどうしてしまったのですかねぇ
特に病気に強いという物を選んだのですが・・
残りの葉茎が二本になってしまいました。
一本は黒いシミが広がってきているので、そろそろ切らなくてはと思っています。
隔離して駄目もとで様子を見てみます。
開花株でなかったのが幸いです。。
また変化があったらご報告させてください。

投稿: ゆみみ | 2013年2月10日 (日) 15時53分

ゆみみさん、お早うございます。

クリスマスローズは、年々きれいな花が多くなってきていると思います。これで、もう少し安くなればいいのですが、交配して実生育種している新花は、どうしても高くなりがちです。安定すれば安くなってくるでしょう。

未開花とはいえ、ピコティは病気になってしまい残念ですね。どうしてうちの子がと思われるのは当然です。ただ、病気に強いと言われる品種でも、細菌が付着すれば、やはり病気にかかってしまいます。それは、たまたまその株に付着していたり、用土であったり、他の植物であったりして、なかなか原因は突き止められません。

そうはいっても、多くの株が同じように病気になる場合は、栽培環境にやはり何等かの問題が考えられます。もともとは、地中海沿岸の比較的湿度の低い弱酸性から弱アルカリ性の土壌に育つ植物を日本で育てるのですから、どうしても無理が生じます。日本の環境に合った性質のものも育成されてきていますが、高温多湿、日照・通風、用土をできるだけ原生地の状況に近づけられれば、成育もよくなり病気も少なくなるでしょう。ただ、栽培環境は個人によって違うので、それぞれが少しずつ環境を整えていくのが大事だと思います。

ゆみみさんは、結構用土や置き場所などを考えて育てているので、どうして病気になるのかよく分かりません。現在は、たまたま病気になったと考えるしかないかもしれません。なお、チッソ肥料を与えすぎると、株が徒長して軟弱になり、病気にかかりやすくなります。

我が家は今のところ病気は出ていませんが、春になるとまず灰色かび病に気を付けないといけません。予防のノウハウもだいぶできてきましたが、育てる場所自体を大きく変えることはできないので、多少出ても仕方ないかなと思っています。

投稿: クリタケ | 2013年2月11日 (月) 09時10分

こんばんは、クリタケさん、音の葉さまで、開催のヘレボラス倶楽部さまの華やかなクリスマスローズの写真、素敵ですね!ありがとうございます、以前、クリタケさんが、教えてくださった、ミルフィーユ系クリスマスローズ、素敵です、華やかなお花たちをじっくり拝見しました。感激しました、ありがとうございます、そして、カトレア、素晴らしいです、ますます、カトレアに、興味が、つきません。(笑)(*^_^*)その後なのですが、ミニカトレアのゴールドキャリーをお迎えしました。艶やか黄色い一色で、最初のお花と並べてます。

投稿: ゆき | 2013年2月12日 (火) 00時11分

ゆきさん、お早うございます。

クリスマスローズは本当にきれいな花が多くなってきました。ミルフィーユやクレオン(クレヨン)は、特に色合いが美しいと思います。でも、これらの花はまだ数が少ないので、直接見られる機会が少ないですし高価なのが残念です。

そうそう、マユハケオモトをネットで調べてみました。白い花がまるでハケのようで、名前のとおりですね。面白い花です。以前、園芸雑誌で見た記憶があります。

カトレア、咲いてみるとやはり美しいです。部屋の中が一気に華やぎました。ミニカトレアもまたきれいで、とてもかわいらしいですね。カトレアは結構色々な花があるので、クリスマスローズとはまた別に手元に置きたくなりますね。ゴールドキャリー、きっと色鮮やかなのでしょうね。
今週末から世界らん展が始まります。どんな花と出合えるかとても楽しみです。

投稿: クリタケ | 2013年2月12日 (火) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘレボルス倶楽部 第12回クリスマスローズ展(2013/2/9):

« 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) | トップページ | 今年3、4番目に我が家へ来たクリスマスローズ(2013/2) »