« 栽培が難しかった斑入りのオモト 富士の雪(2013/2)  | トップページ | 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) »

早すぎる植え付け 忘れな草(2013/2)

暖かくなった午後、今日は時間が空いたので、久し振りに近所の花屋さんを見て回わりました。

どのお店も、店頭にはカラフルなパンジー・ビオラを始め、花の大きいポリアンサやチューリップなど、春の花々が並んでいました。まだ2月上旬ですが、もう春が来たような感じでした。

何か欲しいなと思っていたところ、あるお店で春になったら買い求めようと思っていた忘れな草がありました。

まだ寒さが厳しい時期なので、一旦は諦めたのですが、もともととても好きな花で値段も1ポット120円だったので、思い直して4ポット買いました。

自宅に戻り、早々中型のプランターに植えました。

Img_9611

忘れな草は、花の大きさや色といい、本当に楚々としていて美しい花です。名前も、中世ドイツの悲哀伝説からきていると言われ、とてもはかなげな感じがします。

性質は寒さに強く、寒風に当たらなければ葉が痛むこともありません。でも、いくら寒さに強いといっても、それは花の咲いてない株のことなので、多分花はこれ以上咲かず、暖かくなるまでつぼみのままではないかと思います。

寒さに強い反面暑さには弱く、平地では梅雨以降に枯れてしまうことがほとんどです。このため、本来は多年草ですが、日本では一年草として扱われています。

Img_9612

忘れな草はヨーロッパ原産で、その仲間はアジアなどの温帯に約50種が分布しています。花の大きさは8mm程度で、色はブルーの他にピンク、白などがあります。花の中心には黄色や白の目が入り、それがまたかわいらしいです。

Img_9613

植え付けは日当りの良い場所がよく、あとは乾燥に気をつければ長く花を楽しむことができます。満開になったときは、何とも言えないきれいさです。




|

« 栽培が難しかった斑入りのオモト 富士の雪(2013/2)  | トップページ | 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) »

植物・ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、今日も朝から冷たい雨が降っていて午後から晴れるのかしら・・・?と、空を見上げています。
お天気のせいか、先月五十路の仲間入りをしたせいか(たぶん後者・・・)体調を崩して2日間仕事をお休みしています。そんな中、忘れな草の可愛らしさに春を感じています。私も昨年の晩秋にスイセンの球根を植え付けした際に忘れな草の種をまきました。まだ何の気配もありませんが春が来たら可愛らしい青い花を咲かせてくれることを待ち望んでいます。
今年はいつもなら苗を買ってきていたハーブも(カモミールとボリジ、スイートマジョラム)種をまいてみました。
小さな温室ですが園芸店で買うくらいの苗に育ち、ホクホク
(* ̄ー ̄*)です。

投稿: ぶるーべりー | 2013年2月27日 (水) 10時55分

ぶるーべりーさん、こんばんは。

今日は体調はいかがでしたか。無理は禁物ですよ。無理をするとかえって長引いてしまいます。

忘れな草はすてきな花ですよね。私は大好きです。小さな花は控えめで可憐ですが、満開になると見事です。種をまかれたとのことなので、これから芽が出てくるのが楽しみですね。

カモミール、ボリジ、スイートマジョラムはもう大きな苗になってきているのですね。すごい ! 我が家は、妻が5月になったら長野でカモミールの種をまくと思います。ハーブは香りがいいし、ティーやサラダなどにも利用できていいですよね。

仕事も気になるでしょうが、すっかり治して、また植物を楽しむ毎日に戻って下さい。もうすぐ様々な花が咲く一番いい季節がやってきますよ!!

投稿: クリタケ | 2013年2月28日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早すぎる植え付け 忘れな草(2013/2):

« 栽培が難しかった斑入りのオモト 富士の雪(2013/2)  | トップページ | 今年我が家で最初に咲いたクリスマスローズ(2013/2) »