« 第16回神代クリスマスローズ展(2013/2/13) | トップページ | クリスマスローズの今年の交配どうしよう(2013/2) »

花の咲いてる期間が長いシクラメン(2013/2)

2月も中旬になり、クリスマスローズがだいぶ咲いてきました。しかし、庭などでは昨年からずっと咲き続けている草花や球根類があります。

シクラメンもその一つです。昨年、クリスマス近くになって買い求めた2種類のシクラメンは、現在さらに花数が多くなっています。

1つはプルマージュです。紫紅色と白色のコントラストが大変美しいです。

Img_9836

12月27日にアップした時のプルマージュです。

Img_8953

もう1つは花弁にウェーブがかかったヒラリです。この品種も紫紅色と白色のバイカラーが美しいです。

Img_9839

12月27日にアップした時のヒラリです。

Img_8954

この2つのシクラメンは玄関に置いてあり、ずっときれいに咲いているので、道行く人たちから管理について色々聞かれます。

主な質問は2つで、1つはずっと外に置いておいて大丈夫なのかといういこと、もう1つは買って(或いは貰って)から1週間ほどだが、葉が黄色くなってきたのはどうしてだろうかということです。

我が家では、昼間はずっと外に出していますが、夜は室内に取り込みます。夜はやはり冷えるので、花と葉が傷みます。外に置く場合でも、霜や雪が避けられる軒下などに限られます。

葉が黄色くなるのは、室温が高すぎるか陽に当たっていないか、或いは両方かのいずれかです。あと、養分が不足する場合にも黄色くなります。黄色くなった葉は緑にはもどりません。

その点、ガーデンシクラメンは強いものです。外で管理していても次々に花が咲きます。1月の大雪で、かなり長いこと雪の下敷きになりましたが、平気でした。

Img_9840

今冬の開花株は現在盛んに花が咲いていますが、昨年夏越ししたシクラメンは、やっとつぼみが上がってきたところです。

Img_9835

1月の大雪の際、屋根からの落雪ですっかり埋まってしまったシクラメンは、葉が全部横になってすっかり姿が乱れてしまいました。

Img_9841

夏越ししたシクラメンも、3月になればきれいな花を咲かせてくれるでしょう。

|

« 第16回神代クリスマスローズ展(2013/2/13) | トップページ | クリスマスローズの今年の交配どうしよう(2013/2) »

植物・ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の咲いてる期間が長いシクラメン(2013/2):

« 第16回神代クリスマスローズ展(2013/2/13) | トップページ | クリスマスローズの今年の交配どうしよう(2013/2) »