« 春の花 春ラン 発色しない富貴の光(2013/2) | トップページ | クリスマスローズの花NO.2 (原種系①)(2013/2/23) »

第11回クリスマスローズの世界展(2013/2/22)

まだまだ寒い日が続いていますが、今年も池袋のサンシャインシティで開催されている「第11回クリスマスローズの世界展」(2013年2月22日(金)~24日(日))へ行ってきました。

開場前に会場に着きましたが、列は年々短くなっているように思います。

クリスマスローズの世界展では、毎年新しい花や珍しい花が展示されますが、今年は原種のリグスクのダブルとセミダブルが初めて展示されるとのことで、とても楽しみでした。

Img_9924

会場に入ると、最初にナーセリーのコーナーがあり、各ナーセリーが作出した品種や普段見られないレアな品種が展示されていて、なかなか興味深いものでした。特に、WAKAIZUMI FARM については、名前だけは耳にしたことがある品種が複数展示されていました。

すでにナーセリーのコーナーからかなり混雑しています。

翡翠
Img_9935_2

卑弥呼
Img_9937_2

絹(ニゲル×チベタヌス)
Img_9939_2

ヨシノ
Img_9941_2

ベニ・ヨシノ(中輪タイプのピンク色のハイブリッドと交配して生まれた色違いのヨシノ)
Img_9943_2

ニゲル斑入り(葉が黄色と緑で、花の咲き終わりにピンクになります)
Img_9947_2

ダブルクレオン
Img_9949_2

ダブルイエローレッドピコティ
Img_9951_2

次に進むと、クリスマスローズのハンギングバスケットや寄せ植えのコーナーです。

Img_9953_2

さらに進むと新花コンテストのコーナーです。入賞作品の幾つかをアップします。

最優秀賞のゴールデンレッド。ゴールド系に花を交配して、F2(2世代目)に出現した赤花です。
Img_9962_2

優秀賞のリグリスクセミダブル。原生地で採取した種子から出現したそうです。
Img_9965_2

同じく優秀賞の細弁(コスモス咲き)

Img_9960

奨励賞のブラックマジック
Img_9958

同じく奨励賞の矮性黄多花
Img_9956

入賞花でなくても素晴らしい花が色々あります。

リグリスクダブル。非常に珍しいです。初めて見ましたが、香りもかなりあります。イタリア・リグリーア海沿岸付近の都市「Benetto」「Remito」で採取した種子より出現したそうです。
Img_9972

Img_9954

Img_9970

Img_9971

新花コンテストのコーナーに続いて、会員の方と原種の展示コーナーがあります。

Img_9974

チベタヌス。原種は趣深いです。
Img_9926

トルカータス
Img_9930

ムルチフィダス・ヘルセゴビナス(葉が細かく分岐するタイプで、マニアに人気があります)
Img_9932

原生地の様子も写真で紹介されています。

Img_9934 

展示コーナーを抜けるといよいよショッピングエリアです。クリスマスローズだけでなく、アートフラワーやバッグなどのお店の他に、原種シクラメン、すみれ、雪割草の販売コーナーもあります。

Img_9923

クリスマスローズの販売コーナーは特にすごい人です。メインの野田園芸、横山園芸、花郷園の他に、渋谷園芸、ミヨシなどのお店が出ています。

Img_9910

原種とハイブリッドの苗から開花株までずらりと並んでいます。

Img_9911_2

値段は安いものから高いものまで様々ですが、原種のクロアチカスダブル、アトロルベンスダブル、ハイブリッドのゴールドダブル、ゴールドセミダブルなどは20,000円弱でした。しかし、原種はすぐに売リ切れてしまっていました。

ハイブリッドの開花販売株の幾つかです。

ゴールドセミダブル
Img_9914_2

ゴールドダブル
Img_9916

ブラックダブル。ブラックも手頃な値段でかなり販売されていました。画像よりも実際は黒いです。
Img_9917

ピンクシングル
Img_9918

ホワイトダブルピコティ
Img_9919_2

クリスマスローズの販売コーナー以外のお店も、クリスマスローズをモチーフにしたお店です。

Img_9976

Img_9983

見終って出口付近までくると、セミナー室ではNHKの趣味の園芸でお馴染みの金子明人さんが講演をしていました。

今年も会場内はずっとすごい人で、どのコーナーも大変盛況でした。

|

« 春の花 春ラン 発色しない富貴の光(2013/2) | トップページ | クリスマスローズの花NO.2 (原種系①)(2013/2/23) »

クリスマスローズ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、クリタケさん、第11回クリスマスローズ世界展の様子、アップして、いだだきありがとうございます!嬉しいです!開催中、遠方に、用事と法事など、見に出かけのかなわなかったので、感謝してます。一つずつの展示の演出が、素晴らしく、見入ってしまいました。ありがとうございます。クリタケさん、奥様、館山、鴨川のご旅行、いかがでしょうか。千葉も、まだまだ、寒いので、南房パラダイスか、太海のフラワーセンターなど、屋内の施設も、見られたのでしょうね。花粉症の季節は、ユウツなのですが、クリスマスローズの開花の季節でも、あるので、お庭を見ることも、完全防備です。(笑)マスク、メガネ、など、離せません。クリタケさんの春らんやクリスマスローズのアップ、楽しみに、拝見してます。いつも、ありがとうございます。

投稿: ゆき | 2013年2月26日 (火) 21時14分

ゆきさん、こんばんは。

今日(28日)、房総から帰ってきました。身内とともに4人で勝浦のひな祭りを見て、千倉で花狩りをし、とても楽しい3日間でした。

行く途中の大多喜町の辺りでは、雪が残っていて驚きました。勝浦のひな祭りはすごいですね。市をあげてのひな飾りは盛大でした。千倉の花狩りはとてもきれいでした。金魚草が特に大きくて立派な花でした。

花狩りの際は天気がよく、ずっと外にいたのですっかり花粉を吸ってしまいました。そのため、今は目がかゆく、鼻もズルズルで悲惨な状態です。

クリスマスローズは暖かくなったので、かなりつぼみが開いたと思います。明後日(3/2)は、ヘレボルス倶楽部のバスツアーで大木ナーセリーに行くので、それを含めてまたクリスマスローズをアップしますね。

投稿: クリタケ | 2013年2月28日 (木) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第11回クリスマスローズの世界展(2013/2/22):

« 春の花 春ラン 発色しない富貴の光(2013/2) | トップページ | クリスマスローズの花NO.2 (原種系①)(2013/2/23) »