« 初夏の到来を感じさせるゼラニウム ディープローズウィズアイ(2013/6) | トップページ | 白山神社(文京区)のあじさいまつり(2013/6/8) »

6月のクリスマスローズの様子(2013/6/7)

久し振りに雨模様の日でしたが、結果として今日も雨は降りませんでした。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょうか。

今春美しい花を見せてくれたクリスマスローズはあっという間に新葉を展開し、緑の色を一段と濃くしています。

Img_1423

クリスマスローズはすべて鉢栽培の我が家では、例年だと灰色かび病やべと病対応に追われている頃なのですが、今年は病気対策がうまくいったのか、多少の病気株は出ているものの、大方は順調に生育しています。

成株だけでなく、苗のほうも寒さで一部枯れたものもありますが、順調に大きくなっています。

グリーンSS×リグリスクかブラックSSセルフの3年苗です。来年は花芽を付けてくれると思います。

Img_1429

植え替えをしていないネオンの2年苗です。ゴールド系は葉が黄色いです。

Img_1425

昨年10月に種をまいて発芽したブラックWの1年苗です。

Img_1426

全体的に元気に育っているクリスマスローズですが、病気になったものもあります。

ゴールドネクタリークリアーの成株です。昨年べと病になり、今年も葉の周囲に斑点ができて黄色くなっています。

Img_1420

ゴールド系はどうも病気にかかりやすく、一度罹患するとなかなか根治が難しいです。

数年前は灰色かび病がまん延し、随分悩まされました。3年ほど前からやっと灰色かび病が少なくなったと思ったら、今度はべと病と立ち枯れ病が多発するようになりました。狭い庭での鉢栽培、しかもコンクリ床で日陰も少ないという悪環境の中での栽培は大変です。

そのため、数種の殺菌剤を定期的に散布し、初冬には古葉を早めに切り取るようにしたところ病気が少なくなりました。

以前灰色かび病にかかり、その後元気になったゴールドネクタリー×濃黄の成株です。

Img_1433

現在は、育てている苗にどんな花が咲くのか楽しみですが、同時に今後どんどん大きくなり増えてくる株の場所の確保をどうするのかが問題です。

|

« 初夏の到来を感じさせるゼラニウム ディープローズウィズアイ(2013/6) | トップページ | 白山神社(文京区)のあじさいまつり(2013/6/8) »

クリスマスローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月のクリスマスローズの様子(2013/6/7):

« 初夏の到来を感じさせるゼラニウム ディープローズウィズアイ(2013/6) | トップページ | 白山神社(文京区)のあじさいまつり(2013/6/8) »