« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

珍しく甘い品種不明のミニトマト(2013/6)

今日で6月も終わり、1年のうち半分が経ってしまいました。早いものです。

例年2階のベランダで果菜やハーブを育てていて、トマトも食べやすいミニを育てています。昨年の品種はアイコでした。

アイコにしたのは、甘くて美味しい品種ということからです。しかし、ミニトマトが成って食べてみると、美味しいのですが期待したほど甘くはなく、果皮も少しかたい感じでした。長野で作ったアイコも同じでした。

まあ、ミニトマトは甘いといってもこんなもんなんだと思ったので、今年は植えるのを止めようかと思っていました。

しかし、園芸店をのぞいてみた時、「ごく甘ミニトマト」と名札が付いていた苗に目が留まりました。品種名のラベルがないのでどうしようかと思ったのですが、何もないのも淋しいと思い期待はせずに育ててみることにしました。

そして、この数日前から色付き始めたので、今日食べてみたところ、とても甘くて美味しいので驚きました。

Img_1893

果皮は濃いめの赤い色で、とてもきれいです。

Img_1899

食べても皮が柔らくて口に残りません。

Img_1895

数個食べてみましたが、同じように甘いので、こんなミニトマトもあるんだと改めて驚きました。トマトは近年著しく品種改良されて色々な品種が出ているので、特定の品種だけでなく色々な品種を作ってみないと、やはり味は分からないと思いました。

このごく甘ミニトマト、品種名が分からないのが悔やまれます。

明日からは長野の家に3日ほど行って、畑の雑草を刈ってきます。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

害虫が目立ち始めた庭の草花(2013/6)

6月も末になるともう初夏と同じで、少し晴れ間が見えるとぐっと暑くなります。

梅雨で植物たちのチェックができずにいたら、あっという間に害虫が広がっていました。

いつもならナメクジに食害されるところですが、今年はブログ交友の方からバナナの皮で駆除することを教わり、それが効いたのかあまり被害は出ていません。

しかし、ナメクジに代わってオンブバッタが一斉に発生し、トレニアなどは葉が一気にスカスカになってしまいました。

Img_1889

大きさはまだ2mmぐらい(上の画像には2匹います)なのですが、いかんせん数が多いのでかなりの葉がスカスカです。

オンブバッタだけでなく、コナガの幼虫も多く発生しました。

葉ボタンの葉を食害するコナガの幼虫です。アオムシですが、モンシロチヨウの幼虫と違ってつるっとした感じです。

Img_1866

他の株も食害されてズタズタになってしまいました。

葉ボタンだけでなく、2階のベランダで管理しているコチョウランも食害されました。

Img_1864

ボロボロになった他の株です。これだけ食害されると、来年の花芽は望めません。

Img_1865

コナガの幼虫は、5~10mmの小さなアオムシで、成虫は10mm以下の小さなガになり、主にキャベツなどのアブラナ科の植物に寄生します。

我が家では、椿のチャドクガやバラのチュウレンジバチの食害から守るため、2週間おきぐらいに定期的に消毒をしているので、オンブバッタやコナガの幼虫が発生するとは思ってもみませんでした。

もしかすると薬害が出ないように消毒液を薄くしているせいかも知れませんし、消毒薬が雨で流れてしまったのかも知れません。

そうそう、例年バジルにつくハマキムシも発生していないので、今年は我が家ではオンブバッタとコナガの当たり年なのかも知れません。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛来が遅かったツマグロヒョウモン(2013/6)

今年は、モンシロチョウやアゲハチョウなど例年見るチョウが庭に数多く飛来します。別に生育できる場所が増えたとは思えないのですが、かなり見かけます。

ただ、チョウの中でも例年6月上旬には見かけるツマグロヒョウモンの姿はなく、今日(6月28日)やっと庭に飛来しました。

トレニアの花の蜜を吸うツマグロヒョウモンのメスです。

Img_1845

最初はビオラに卵を産みにきたのかと思ったのですが、今日は花の蜜を求めてやってきたようです。

Img_1843

翅を閉じた時はグレーと薄茶色のまだら模様になります。

Img_1841

もっとも、オスは翅の先が黒くなく、茶色一色になります。オスも今日飛来しましたが、蜜を吸うことがなかったので、写真が撮れませんでした。

ツマグロヒョウモンは、タテハチョウ科で主に西日本に分布し、メスは翅の先が黒いのが特徴です。オスは茶色一色なので、他のヒョウモンチョウと見分けるのは大変難しいです。

食草はスミレ科の植物なので、温暖化とあいまって関東南部でも見かけることが多くなりました。一昨年は我が家にもかなり飛来し、ビオラやパンジーに産卵したので、幼虫をかなり見かけました。

幼虫は黒い体に赤い線が入っていて、トゲでおおわれています。非常に毒々しい色彩で目立ちますが、チョウの幼虫なので毒はありません。

以前、ビオラのプランターにいた幼虫です。

P4120092

幼虫はこの後さなぎからチョウになって、何回か生命のサイクルを繰り返します。冬はさなぎや幼虫で越冬します。

近年は庭にビオラ・パンジーや柑橘系の植物を植えるお宅が多くなったので、それらを食草とするチョウたちは棲みやすくなってきたのでしょう。

我が家には捕虫網を持った子供たちが来るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花数が多く発芽率の高い千日紅 ローズネオン(2013/6)

久し振りの梅雨の晴れ間。今日は湿度が低くてとても気持ちのいい一日でした。

庭の草花は雨続きでかなり花数が少なくなってしまいました。園芸店の店頭もあまり変わりばえがせず、何か物足りなさを感じます。

花数が少なくなった庭の草花の中で、相変わらず花が沢山咲いているのは、千日紅とインパチェンスです。

夏の定番ともいえる千日紅は、初夏に苗が出回る時から小さな花が咲いていて、植え付け後すぐ大きくなります。

Img_1580

千日紅でも私が好きなのは、紅色の花が鮮やかなローズネオンです。

Img_1581

千日紅は熱帯アメリカ原産の春まき1年草で、性質は真夏の暑さに強く、とても丈夫です。日当たりのいい場所で、乾いたら水をあげれば花が咲きます。

ローズネオンは花数が多く、長期間咲いてくれますが、種からだと花が咲くまでに日数がかかるので、我が家では苗と種からの両方で育てています。

種は発芽率が高く、気温が20~25度と高ければすぐ発芽します。1週間ほどで発芽した苗です。

Img_1582

種は昨年の花後に採取し、普通に保管しておいたものです。

Img_1888

千日紅は夏により花数が多くなり、いっそう色鮮やかになりますが、切り花やドライフラワーにも向いているので、花を見ている親子に切ってあげたりしています。

今年はできるだけ多くあげられるよう、苗の栽培を増やしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と人が多かった江戸東京博物館「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」(2013/6/26)

今日(6月26日)は、午前中早くから雨が降り始めましたが、妻に誘われて江戸東京博物館で開催されている「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」(5月21日~7月15日、月曜休館、但し7/15は開館)へ行ってきました(観覧料1,300円)。

10時頃 JR両国駅に到着。改札口を出ると、国技館の最寄駅らしく白鵬や貴乃花ら力士の手形の写真が並んでいました。

Img_1867

目の前の国技館を右折するとすぐ東京江戸博物館です。

Img_1871

実は、妻に誘われるまで「ファインバーグ・コレクション展 江戸絵画の奇跡」についてはよく知りませんでした。

ネットでファインバーグ・コレクションを調べてみると、米国の同氏が蒐集した江戸絵画を中心とする日本美術のコレクションということでした。

今回はコレクションの中から、尾形光琳、酒井抱一らの琳派、池 大雅、与謝蕪村、谷 文晁らの文人画、円山応挙、呉 春らの円山四条派、伊藤若冲、曽我蕭白らの奇想派、そして菱川師宣、葛飾北斎らの浮世絵など、約90点が江戸東京博物館に展示されているとのことです。

Img_1869

1階の展示室には、琳派、文人画、円山四条派、奇想派、そして浮世絵と、画派ごとに作品が展示されているので、それぞれの画風や特徴を比較しながら鑑賞することができます。

各画派の作品をパンフレット等より幾つか転載します。なお、転載はほとんどが作品の一部分になっていますので、ご了承下さい。

・琳派作品

俵屋宗理 「楓図屏風」

Img_1887

鈴木其一 「群鶴図屏風」

Img_1878

・文人画

池 大雅 「孟嘉落帽・東坡戴笠図屏風」

Img_1879

谷 文晁 「秋夜名月図」

Img_1881

・円山四条派

円山応挙 「孔雀牡丹図」

Img_1886

・奇想派

伊藤若冲 「松図」

Img_1883

・浮世絵

菱川師宣 「吉原風俗図」

Img_1880

歌川豊春 「遊女と禿図」

Img_1882

こうして江戸時代の作品を見てみると、実に自由で多彩だったことがよく分かります。

今日は、平日でしかも雨天だったので、会場はさぞ空いているだろうと思いましたが、意外と中高年の方が多く、肩ごしに作品を鑑賞することも度々でした。

それでも、しばらくすれば各作品の前でゆっくり鑑賞することができました。

展示室を出るともう12時頃だったので、7階の食事処「桜茶寮」で昼食にすることにしました。

Img_1874_2

和食が食べたかったので、会席弁当の「大江戸」(1,500円)を頼みました。

Img_1876

カウンター席からは国技館を始め隅田川やビル街が一望できました。

Img_1875

ゆっくり食事をしながら妻と作品について話をしました。

帰りは雨が強くなっていましたが、駅はすぐ近くです。



















| | コメント (2) | トラックバック (0)

栽培が難しそうなスプレプトカーパス(2013/6)

急に雷雨になったりして、毎日天気が安定しません。

梅雨に入ってから、園芸店の前を通っても、あまり新しい花は見かけなくなりました。ただ、一つだけ珍しい花が並んでいました。葉が岩タバコのようなスプレプトカーパスです。

花がかわいらしいと思ったのですが、買うのはちょっとためらいました。何故かというと高温多湿に弱そうなイメージがあったからです。

でも、よく見ているうちに何となく魅かれてしまい、3種3株を買い求めて円型のプランターに植えました。

Img_1859

ストレプトパーカスについて調べてみると、原産地はアフリカ、熱帯アジアで、夏の高温多湿と強光線が苦手なので、夏は半日陰に置いていかに涼しく過ごさせるのかがポイントとのことでした。

栽培の難易度は高く、結局、暑すぎず寒すぎず、日差しも強すぎず、暗くもないように管理しなければならないようです。

花色は、青、青紫、紫、赤、ピンク、白など、黄色以外はあるようです。

Img_1861

Img_1860

Img_1862

30℃以上の高温が続くと株が傷んだり、腐ってだめになったりするようなので、どこまで頑張ってくれるか分かりません。

いずれにしても、我が家の栽培環境では厳しいと思います。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

眩しい花色のルドベキア タイガーアイ(2013/6)

梅雨とはいえ今年も暑い日が多く、季節が早くなっているのか季節のめぐりがよく分からなくなってきました。

花苗も夏の花の定番であるルドベキアが園芸店に並び始め、暑い夏の到来が間近であることを知らせています。

我が家も2年振りにルドベキアのタイガーアイを3株植え付けました。

Img_1854

ゴールデンイエローの花弁と中心の茶色の対比が鮮やかです。

Img_1856

タイガーアイは、ルドベキアの中では矮性種で、非常に強健で夏の暑さに強く、大輪花が晩年まで咲き続けます。

栽培は陽当りと風通しの良いところで育てます。

Img_1855

ルドベキアは、北アメリカ原産のキク科の一年草若しくは多年草で、現在多く栽培されている矮性種は、ヒルタ種の改良種です。

基本の花色はオレンジや黄色で、色幅自体は多くありませんが、花姿は小輪種や大輪種、一重咲きや八重咲きなどバラエティーに富んでいます。品種としては、他にタカオ、マヤ、カプチーノなどがあります。

外来種として問題になるオオハンゴンソウもルドベキアの一種です。オオハンゴンソウも群落になって咲く光景はきれいだと思いますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年目の原種シクラメン プルプラセンス(2013/6)

今年は一時空梅雨になるかと思いましたが、その後シトシト雨が降り、梅雨らしい天気になりました。これで水がめも大丈夫でしょう。

庭の草花は雨続きでかなり花柄が腐り、葉にかびが生じたり、中には株そのものが過湿で枯れてしまったものもあります。

この時期、球根類は葉を落として過湿になるので、球根が腐らないように気を付けなければなりません。

ただ、原種シクラメンのプルプラセンスは葉が落ちず、この時期に花を咲かせます。

6月19日現在、2輪の花が咲いているプルプラセンスです。いい香りがします。

Img_1737

Img_1739_4

今年は2輪だけかと思っていたところ、その後よく見るとつぼみが沢山付いていました。

Img_1847

さらに株元を見てみると、らせん状のつるから種が入っている実が出てきていました。

Img_1848

この株は、2012年2月のクリスマスローズの世界展で買ったもので、庭で夏冬を越したものです。

2012年6月時点での株の様子です。

Img_6185

プルプラセンスは、北イタリアからチェコが原産で、多くのシクラメンが夏の間は葉を落として休眠するのに対し、葉を落とさない常緑性の原種シクラメンです。

性質は、寒さに強く、-5℃ぐらいまでは平気です。春からは、明るい半日陰くらいの場所に置き、湿り気を好むので土の表面が乾いたらたっぷり水やりをします。

栽培が難しいと言われる原種シクラメンですが、知識がない私でも育てられるので、プルプラセンスは難しくない原種シクラメンと言えると思います。

実は、旅行先のクロアチアのプリトヴィツェで見た光景が忘れられず、少しでも花を多くしたいと思い、今年のクリスマスローズの世界展でまた1株買ってしまいました。

Img_1846

この株は、葉がクリスマスツリー模様ということもあって買ったのですが、昨年の株とそれほど違いがないように思います。

今気になっているのは、同時に買ったローフシアナムの葉が枯れてなくなったのですが、株そのものが枯れてしまったのか、葉を落としただけなのか、どちらなのだろうということです。

栽培が難しい品種ということなので、枯れてしまったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカーテン ミニメロン ころたんの成長 Ⅱ(花) (2013/6/22) 

昨日は夏至。昼間が一年のうちで一番長い日ですが、あまり実感はありません。それもその筈で、天気は雨模様だったということもあります。

さて、緑のカーテンは、今年はミニメロンの「ころたん」ということで、先日の16日に植付けと摘心をアップしましたが、3日後の19日から雄花が咲き始めました。

植付け時から雄花の開花と現在までをアップします。

5月28日 植付時の様子

Img_1327

6月8日 親づる摘芯の2、3日後の様子

Img_1524

6月15日 子づるを各2本にした状態

Img_1568

6月19日 雄花が咲いた様子

Img_1729

Img_1727

6月22日 現在の様子

Img_1839_3

現在は、子づるの葉の枚数が8枚ほどになっていますが、まだ孫づるは伸びてきません。プランター栽培の場合、いつごろ孫づるが伸び始めるのでしょうか。

栽培法としては、孫づるに雌花を咲かせて実を付けさせるのがよいようですが、どこまで育ってくれるのかが気になります。

あまり孫づるが出ないようであれば、実をあきらめて緑のカーテン専用として、孫づるを出させるために子づるを摘芯してみようかと考えています。

いずれにしても、この一週間ほどの間に方針を決めないといけないと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだきれいだった鎌倉成就院と長谷寺の紫陽花(2013/6/20)

梅雨らしい空模様のなか、何とか都合をつけて鎌倉の成就院と長谷寺の紫陽花を6月20日(木)に見に行ってきました。

本当は、先週が紫陽花の見頃だと思って行きたかったのですが、予定していた日が朝から雨だったので取り止めました。

今日も朝方まで雨が降り、昼間も小雨がぱらつくとの予報でしたが、雨に濡れた紫陽花もきれいだろうと妻と出かけました。

家を9:00頃出発し、横須賀線に乗って鎌倉駅で江ノ電に乗り換え、10:30頃極楽寺駅に着きました。

平日で天気が悪いにもかかわらず鎌倉駅はすごく混雑しており、江ノ電もすし詰めに近い状態でした。極楽寺駅前もかなりの人が行き来していました。

Img_1742

始めに駅の反対側にある極楽寺に行きました。ここは桜が有名なお寺で、特に紫陽花が咲いている訳ではありませんが、参拝しました。タイサンボクのいい香りがしていました。

Img_1744

極楽寺から由比ヶ浜方向へ切り通しの坂道を7、8分歩いていくと、すぐ成就院があります。

列になって石段を上って行くと山門があります。山門をくぐるとすぐ本堂がありますが、その右先にある縁結び不動明王まで長い列ができていたので、参拝を諦めました。

Img_1756

山門前から由比ヶ浜方向には前が開けていて、下りていく石段の両側には紫陽花が咲いていてきれいです。ただ、今年は来る時期が遅かったせいか、例年に比べて花数が少ないように思いました。

Img_1752

それでも、場所によっては紫陽花が大きな花を幾つも咲かせていました。この頃から小雨がぱらつき始めました。

Img_1763

成就院の石段を下りて切り通しの下までくると、左側に虚空蔵堂(こくうぞうどう)があります。虚空蔵堂は、行基が全国行脚の途中、ここで修業したとの伝説があり、虚空蔵菩薩が祀られています。

Img_1766

虚空蔵堂を参拝するともう11:30頃だったので、すぐ先の Cafe Kapuaというお店に入り、早や昼にしました。

ピザやパスタ中心のお店ですが、限定のしらすとアボガド丼(スープ・サラダ・飲み物付、1,200円)があったので、2人ともそれを頼みました。和風のさっぱりした味付けで美味しかったです。

Img_1768

このお店の手前には、お餅を餡でくるんだ和菓子で有名な老舗の力餅家があり、行列ができていました。

昼食後は、Cafe Kapua と力餅家の間の近道を通って長谷寺に向かいます。

途中、江ノ電の踏切を渡るとすぐ御霊神社(ごりょうじんじゃ)があり、ここも結構紫陽花が咲いています。江ノ電と紫陽花が一緒に撮れる場所なので、カメラを構える人が多くいました。

Img_1773

ピンクとブルーの額紫陽花がきれいです。

Img_1775

境内には本数は多くないものの、色々な種類の紫陽花がありました。珍しいピンク色をしたうず紫陽花です。

Img_1783

また、境内には庚申塔(こうしんとう)が8基ほどあり、三猿が彫られていて興味深かったです。

庚申塔とは、庚申塚ともいい、中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた塔のことです。申は干支で猿に例えられることから、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿を彫り、村の名前などを記したものが多いです。(塔の下もしくは側面に猿が彫られています)

Img_1785

御霊神社から長谷寺までは歩いて5分ほどです。

長谷寺は、奈良時代の天平8年(736)に開創したと伝えられる浄土宗系の単立寺院です(入山料300円)。

Img_1786

門前からすごい人です。平日なので中高年が多いのかと思っていましたが、紫陽花の時期ということもあり若い女性がかなり多いです。

境内に入って石段を上り、まずは本堂の本尊である十一面観音菩薩を拝観しました。像高が9.18mの本邦最大級の木彫仏は、いつ拝観しても圧倒されます。

次いで、「あじさいの径(こみち)」を歩こうと思ったところ、30分待ちということでしばし休憩。入口付近には紫陽花の新花が置かれていました。

Img_1790_5

休憩後、あじさいの径に行くと、入口にあじさいの案内板があり、径(散策路)に入ると斜面一面に紫陽花が咲いてて見事です。

Img_1796_5

今日は雨模様なので、紫陽花だけでなく傘の花も咲いています。

Img_1804_4

鎌倉に来るまでは、時期的に紫陽花は遅いのではないかと思っていましたが、長谷寺を見る限り紫陽花はちょうどいいように思います。

Img_1815_4

あじさいの径からは弁天窟を拝観し、折角来たので長谷寺から歩いて10分ほどの鎌倉大仏で有名な高徳院に向かいました。

いつ見ても立派な国宝の大仏です。建長4年(1252)から10年前後をかけて造立された銅造の阿弥陀如来坐像は、台座を含めて約13.4mあります。

Img_1827_3

大仏前は、修学旅行や社会科見学の生徒・児童、外国人観光客など大勢の人達でいっぱいです。

高徳院からは江ノ電に乗って鎌倉駅まで戻り、小町通りに行ってお店を見て回りました。ここも相変わらずの人出です。

途中、ミルクホールに寄って休憩。コーヒー(650円)をゆっくり味わいました。

Img_1832_3

15:30頃 小町通りを出て鎌倉を後にしました。今日も混雑した鎌倉でしたが、まだ紫陽花が見られてよかったです。車窓からは、明月院からの帰りの人達の歩く姿が見えました。

鎌倉はいつ訪れてもいいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本クリスマスローズ協会の「奥州山形の花ロマン・銀山温泉一泊の旅」 Ⅱ(2013/6/18)

「奥州山形の花ロマン・銀山温泉一泊の旅」2日目。今日(18日)は天童でさくらんぼ狩りをし、チベタヌス栽培で有名な宮城の大森英俊氏の「ヴィーナスファーム」を訪れて、その後農産物直売所に寄るなどして帰ります。

7:00から朝食。コゴミやダシ(山形県の郷土料理で、夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などであえたもの。白飯や豆腐にかけて食べる)など山菜や地元の料理が色々並び、品数が多くて食べきれないほどでした。

Img_1651_2

朝食後、銀山温泉の瀧見館を出発し、国道13号線を走って天童市の観光果樹園に向かいます。あいにく今日は朝から雨です。

9:00頃 さくらんぼ狩りをする天童観光果樹園に到着。幸い雨は小雨になりましたが、ここはハウス内でさくらんぼ狩りができるので心配はありません。(料金は1時間、1,200円)

Img_1654_2

今年はさくらんぼの開花が遅く、メインの佐藤錦の色付きが遅いとのことでした。

Img_1684_2

それでも、木によっては日当たりのいい箇所はかなり赤く色付いていて、食べるととても甘くて美味しかったです。

Img_1676

売店ではまだ佐藤錦を販売していないものの、会員の方は園内でそれぞれ甘いさくらぼを見つけて結構食べていました。

園内にはジャボレなど品種の違うさくらんぼもありましが、やはり佐藤錦が一番美味しいように思います。

Img_1671

10:00頃 観光果樹園を後にして、宮城県大崎町でチベタヌスなどを栽培している大森英俊氏の「ヴィーナスファーム」へ向かいました。

バスが山形自動車道へ入ると、両側には小高い山々が続きます。

Img_1691

10:50頃 ヴィーナスファームに到着。大森英俊氏が快く迎えてくれました。

同氏からクリスマスローズの自然栽培の話を伺ってから、畑に案内してもらいました。

驚いたことに、自然を生かした栽培をしているため、畑のクリスマスローズは雑草にかなり覆われていました。ただ、まったくの自然ではなく、用土部分はライズベッドようになっていてバークチップが敷かれていました。

Img_1702

チベタヌスも元気に育っていて、中には斑入り葉のものもあってびっくりしました。斑入り葉を見るのは初めてです。

さらに、ヴェシカリウスも大きくなっていて種を付けていました。目の前で種を付けたヴェシカリウスを見たのも初めてです。

Img_1710

大森氏の話を伺っていると、自然との関わりをいかに大事にしているかが分かります。

ヴィーナスファームを出てから、少し走ったところにある川崎町の農産物直売所に寄り、地元の野菜や果物などを見ました。

Img_1716

直売所を後にして、釜房湖の脇を通って仙台市青葉区の昼食会場に向かいました。

Img_1717

13:00頃 青葉区の昼食会場である HILSIDE SHOPS & OUTLETS のレストランに到着。

Img_1719

昼食は牛タンでとても美味しかったです。

Img_1723

昼食後は東北自動車道に入り、一路東京に向かいました。途中の車窓からは、帰りも那須連山は雲で見えませんでした。

Img_1726

19:30頃 無事新宿に到着。2日間でしたがとても充実した楽しい旅行でした。クリスマスローズについも色々話を伺うことができ、大変参考になりました。

これからも機会があればまた参加したいと思いつつ、今後のクリスマスローズの栽培に思いを馳せました。
















| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本クリスマスローズ協会の「奥州山形の花ロマン・銀山温泉一泊の旅」 Ⅰ(2013/6/17)

日本クリスマスローズ協会主催の国内旅行「奥州山形の花ロマン・銀山温泉一泊の旅」が、平成25年6月17日(月)~18日(火)に実施され、初めて参加してきました。

17日は、宮城県の蔵王の御釜を見て、山形県の樋口規夫氏のクリスマスローズのナーセリー「堀切園」を訪問し、その後銀山温泉へ行って泊まります。

18日は、天童でさくらんぼ狩りをし、チベタヌス栽培で有名な宮城県の大森英俊氏の「ヴィーナスファーム」を訪問して、その後帰路買い物などをして帰京します。

今回の参加者は37名(現地集合2名含む)で、バスは7:30に新宿駅西口を出発しました。

緑が濃くなった東北道を順調に走り、車内では横山 暁氏と野田卯一郎氏によるクリスマスローズの植替えと病気対策についてのビデオが流されました。

Img_1587

11:30頃 白石ICを下りて、白石温麺茶屋で白石特産の温麺(うーめん)の昼食。温麺は素麺の一種ですが、油を用いていないのでさっぱりとしています。

Img_1590

昼食後は、新緑がきれいな蔵王エコーラインを走りました。山頂付近には残雪が見えました。

Img_1597_2

エコーラインからハイラインに入ると、イワカガミやハクサンチドリなどの高山植物が沢山咲いていてきれいでした。

Img_1601_3

13:30頃 御釜に到着。深いグリーンの湖水はとても神秘的です。御釜は、刈田岳、熊野岳、五色岳の3峰に抱かれた円形の火口湖で、太陽の光の当たり方で様々な色に変わります。

Img_1609

御釜付近からは周囲が見渡せ、遠く飯豊連峰などをのぞむことができます。

Img_1612

御釜を見学後、山形県山辺町の樋口規夫氏(NHK趣味の園芸講師)のナーセリー「堀切園」に向けて蔵王を下りました。

山形市を抜けて山間の道をしばらく進み、15:20頃 堀切園に到着(ここでは販売はしていません)。樋口氏を始めご家族が迎えてくれました。

早速同氏よりクリスマスローズの栽培・育種について話を伺うとともに、ハウス内を見せていただきました。

Img_1622

同氏は、冬は雪が多くて管理が大変であること、今後は気持が暖かくなるような花を作っていきたいこと等、誠実・実直な人柄そのものがうかがえる話の内容でした。

ハウスはどこも整然としていて、しっかり管理されているのが見てとれました。

16:30頃 堀切園を後にし、今日宿泊する銀山温泉の瀧見館に向かいました。

途中、寒河江の辺ではさくらんぼのハウスが数多く見られました。

Img_1634

18:00頃 銀山温泉の瀧見館に到着。

夕食は、山形牛の焼しゃぶ、岩魚塩焼き、手打ち蕎麦、蕎麦の実入り茶碗蒸し等、地元の食材を使った料理はどれも美味しかったです。

Img_1642

夕食後は温泉街を散策し、今日の予定を終えました。

Img_1643_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカーテン ミニメロン ころたんの植付けと成長 Ⅰ (2013/6/16)

昨年は白ゴーヤ、一昨年まではゴーヤで緑のカーテンを作ってきましたが、今年はミニメロンの「ころたん」で挑戦することにしました。

場所は2階西側のベランダで、午後から西日が強く差すので、緑のカーテンといってもゴーヤの場合は、実が成る頃から葉が枯れあがってしまいましした。

実は結構成ったのですが、プランター2つに1株ずつ植えても60cmの大きさだったため、水分と養分が不足したようです。

そのため、ころたんの苗も1つのプランターに1株ずつ植えたかったのですが、通販での購入が3株で1セットだったため、やむなく1株と2株ずつ植えることにしました。2株のほうは途中で枯れてしまうのではないかとちょっと心配です。

5月28日、植付けて間もない頃です。

Img_1327

ころたんはネットメロンですが、ミニメロンということで容器栽培が可能です。皮は黄色、果肉は緑色で、中心部の種の量が少ないので、その分果肉が厚く食べごたえがあるそうです。

6月8日、親づるを摘芯して2、3日経った頃の様子です。

Img_1524

6月15日現在、子づる各3本のうち1本を 切り、各2本にしたところです。

Img_1568

この後孫づるが伸びて雌花が咲くはずなのですが、子づるは各1本にしたほうが枯れにくいのか迷っています。

緑のカーテンということを考えると、孫づるの本数を少なくしたほうが負担が少ないのではないかと思い、今年は子づる2本方式でやってみることにしました。

本格的な夏はこれからなので、実は期待できないまでも、できるだけ緑の葉が長く元気でいてくれたらいいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

意外と出回らないマリーゴールド サファリクイン(2013/6)

雨が止んだ東京はとても蒸し暑い日になりました。今年もとうとうそういう時期になりました。

これから先のことを思うと少しうんざりしますが、暑くない夏はないので気持ちを切り替えることにしました。

庭では、雨続きで草花の花柄がベッタリ葉に付いてしまい、取り除くのが大変でした。それにしても、春の花園のような庭から急に花の数が少なくなったので、とても淋しく感じます。

何か植えようと思い近所の花屋さんをまわりましたが、気に入ったものがなく困まりました。それでも、これならいいと思う草花があったので買って帰りました。

マリーゴールドのサファリクインです。マリーゴールド自体はよく見かけますが、サファリクインは意外と見かけることが少ない品種です。

Img_1570

最初はボリュームのあるアフリカンマリゴールドにしようかと思ったのですが、色の変化がないのでフレンチマリーゴールドから選ぶことにしました。

でも、フレンチマリーゴールドも、一重と八重咲きの両方合わせても色の変化のあるものは限られています。

花屋さんには、たまたまサファリシリーズのクインが2株だけあり、同じフレンチマリーゴールドでも見かけることが少ないので、このサファリクインを買ったものです。

Img_1571

フレンチマリーゴールドは、アフリカンマリーゴールドに比べて生育が良く、丈夫で春~秋まで長期間花を楽しめますが、中でもサファリシリーズは八重咲きの大輪種です。

Img_1572

サファリシリーズは、クインの他に、ゴールド、タンジェリン、レッド、プリムローズなどがあります。

また、フレンチマリーゴールドには、サファリシリーズの他、ボナンザシリーズ、リトルヒーローシリーズ、オーロラシリーズなど思っている以上に色々な種類があります。

近年は、花の観賞だけでなく、対害虫用の線虫対策として利用されることも多いようです。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

すずらんのような花がかわいいチェッカーベリー(2013/6)

今日は雨が止んだと思ったら、とても蒸し暑くなりました。明日も午後から雨ということで、また蒸し暑い一日になりそうです。

東京は今日から都議会議員選挙が始まったので、余計蒸し暑く感じるかも知れません。

庭では花々がすっかりうなだれてしまいました。新たに咲き始めたのはチェッカーベリーと紫陽花ぐらいなものです。

チェッカーベリーは、白い小さな花がまるですすらんのようです。ブルーベリーやアセビの花にも似ています。

Img_1559

このチェッカーベリーは、昨年12月に葉ボタンとアリッサムと一緒に寄せ植えにしたものです。春になって新芽があっという間に大きくなり、白い花が咲きました。

Img_1558

昨年寄せ植えした時のチェッカーベリーです。赤い実が付いているものの、まだ小さい株でした。

Img_8870

チェッカーベリーはこの他にもう1鉢ありますが、こちらのほうはあまり新芽が出ず、花が少ししか咲いていません。この株は一昨年入手したもので、何とか2年を越してきたものです。

Img_1562

実は、チェッカーベリーは夏に蒸れやすく、密生していると中のほうから蒸れてきて枯れてしまいます。このため、風通しの悪い我が家では、何度枯らしてしまったか分かりません。

そこで、上の株はできるだけ風通しのいい半日陰に置き、乾かし気味に管理して、やっと年を越してきたものです。

これから高温多湿の夏を迎えますが、何とか夏越しさせて冬に赤い実をまた見たいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真っ赤な花が印象的な南国の花 デイゴ(2013/6)

九州から東北の日本海側を中心に異常な暑さが続いていますが、関東では雨が続いて梅雨らしい天気です。

関東は雨が降ってひと息つきましたが、他の地域は水不足になりかねない降雨量の少なさです。異常な天気に合わせることもないのに、株式市場も800円超の下落で異常な状態が続いています。

そんな状況とは関係なく、いつも行くスポーツクラブの玄関前の植栽では、南国の花のデイゴが咲き始めました。

Img_1553_2

デイゴは、沖縄の県花になっていて、材質が柔らかいので琉球漆器の材料としても使われます。鹿児島の県木になっているアメリカデイゴに似ていますが、別種です。

植栽のデイゴは4mぐらいの結構大きな木ですが、よく見ると本当に面白い花です。一つ一つの花はエビのような形をしており、真っ赤な色がいかにも情熱的です。沖縄では晩春から初夏にかけて花が咲きます。

Img_1554_2

真っ赤なエビのような花は、梅雨とはいえ南国を想い起こさせます。耐寒性が弱いので、都内で見かけるのは稀な花木です。

Img_1555

デイゴは、インド原産のマメ科の落葉高木ですが、沖縄では冬でも葉が全部落葉することはないようです。ただ、都内は冬になると寒いので、全部落葉していました。

Img_1552

葉の出方も少し変わっていて、どの枝からも3枚が出ます。

Img_1556

梅雨空に咲く花もいいですが、やはり暑い青空の下で眺めるほうがさまになります。最初見たときは、花の形は違いますが、ニュージーランドで咲いていたポフツカワを思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初夏の花 梅雨空に咲くトレニア(2013/6)

今日はしとしと雨が降って梅雨らしい天気でした。

本当は、今日は鎌倉に紫陽花を見に行きたかったのですが、雨との予報でやむなく取り止めにしました。

まだ日にちはあるものの、来週前半までは予定があるので行けそうにありません。

庭では、雨に打たれて花々がうなだれています。でも、トレニアは花が小さいので、雨にも負けず沢山の花を咲かせています。

Img_1548

トレニアは暑さに強いので、夏の定番ともいえる草花の1つです。秋まで長期間花が咲き続けますが、まめに花柄を摘まないと花数が少なくなってしまいます。ただ、花柄摘みは花が小さくて数が多いので大変です。

プランターにはピンク、パープル、ブルーの3色8株を植えましたが、花色は他にホワイトとイエローがあります。イエローはあまり見かけません。

Img_1549

Img_1551

Img_1550   

トレニアは、東南アジアやアフリカ原産の1年草で、性質は暑さに強く、真夏でも生育が衰えません。用土はやや湿り気味の状態を好みますが、水を上からかけると灰色かび病にかかりやすくなります。

代表的な品種としてはクラウン、パンダなどがあり、ほふく性のサマーウェーブもあります。

繁殖力も強くて、種が飛んであちこちの鉢やプランターから実生が出ます。その実生苗も夏ごろには花が咲くので、鉢などに移し替えてあげると、またきれいな花が楽しめます。

これからは暑さとともに蚊が多くなるので、花柄摘みは蚊に悩まされながらの作業です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初夏の花 2色咲きがきれいなインパチェンス(2013/6)

天気予報どおり午後から久し振りの雨になりました。でも、午後の帰宅時はちょうど雨が止んでいたので、濡れることはありませんでした。

庭では小雨で少し濡れたインパチェンスが、心なしか元気なように思えました。

私は、インパチェンスについても複色花というか2色咲きが好きなのですが、一重咲きについては複数の2色咲きの品種が売られていることはあまりありません。

そのため、苗の出始めの頃に気に入った赤と白の2色咲きを2株買っておき、後日違う色合いの2色咲きを6株買い求めて、プランターに植えました。

しかし、当初違う色合いだと思って買った2色咲きも、花盛りになると同じ色合いになり、結局見た目が2種類だけの2色咲きみたいになってしまいました。

Img_1531

出始めの頃買った赤と白の2色咲き、いわゆる条斑という模様のインパチェンスです。上の画像では左右の端に植えてあるので写っていません。

Img_1280

Img_1279

後日買った6株のうちの2株です。一つは上の画像と同じ赤と白の2色咲きですが、中心部がかすり模様になっています。覆輪とも言われる模様です。

Img_1533

紫紅色と白の2色咲きです。

Img_1534

インパチェンスは、寒さと乾燥に弱いですが、高温多湿には比較的強く、午前中日が当たるような場所が適しています。半日陰でも育てられますが、日陰だと徒長してしまいます。

ただ、夏場は過湿になると根腐れしやすいですし、強い日に当たると落葉することもあるので、半日陰ぐらいのほうが無難です。

我が家では、例年こぼれ種が6月に発芽し、7月から花が咲き始めるのですが、今年はもう咲き始めたものがあります。これからは色々な所から咲いてくると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の花 小輪がかわいいニチニチソウ(ビンカ)タイタンシリーズ(2013/6)

今日は曇りでいくらか楽な一日でした。明日からは雨模様なので、これからはあまり庭仕事はできそうにありません。

やらなければならないことは色々あるのですが、あまり考えても仕方のないので、のんびり構えることにしています。

さて、初夏の花の時期になり、我が家の庭には定番の草花が咲き揃いました。まずはニチニチソウ(ビンカ)です。

タイタンシリーズを4種8株大型のプランターに植えました。2週間ほど前に植えましたが、もう花盛りになっています。

Img_1526

一昨年までは、中心部が白や赤くなる2色咲きのパシフィカシリーズを植えていたのですが、園芸店に並ばなくなったり並んでも遅かったりするので、早くから出回るタイタンシリーズを植えることにしました。

ただ、2色咲きが好きなので、中心部が小さくても白か赤になるものだけを購入しました。

赤い色が鮮やかなレッド

Img_1527

濃紅色が美しいローズ

Img_1528

薄いピンクがきれいなアプリコット

Img_1529

落ち着いた色合いのラベンダーブルーハロ

Img_1530

ニチニチソウは、熱帯地方原産の多年草(日本では一年草)で、真夏の暑さと乾燥には強いので、夏のプランターや花壇には欠かせない花です。ただ、過湿になると根腐れしやすく、日当たりが悪いと徒長します。

タイタンシリーズは、特に乾燥と病気に強く、花も大輪で開花の早い品種です。園芸店では、今年は大輪の花が目立ちましたが、私は小輪のほうが好きなので、小さい花を探して求めました。

品種としては、他にフリンジピンク覆輪の「リップチュチュ」や黒花の「夏の架け橋」といった珍しい花色から、京風車シリーズなどまで様々な花形や花色のものがあります

夏の水やりをうまくできれば、秋まで長期間花が楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の花 寒さを乗り越えて咲いたクジャクサボテン(2013/6)

今日は夏のような暑さでした。明日以降も暑い日が続くようです。梅雨なのに雨も降らず困ったものです。ただ、台風3号が発生したとのことで、これからは少しは雨が期待できそうです。

庭の植物も暑さと乾燥でかなり体力を消耗している感じです。しかし、こうしたよくない状況の中でも、クジャクサボテンは例年どおり美しい花を咲かせました。

艶のある朱色の透けるような花は、20cmほどの大きさでとても魅惑的です。品種は不明です。

Img_1521

クジャクサボテンは、熱帯アメリカに分布する常緑多肉性植物で、森林性サボテンと呼ばれる品種が交雑してできた園芸品種の総称です。

サボテンといっても棘はなく、全体が扁平で多肉質の葉状茎になっています。大型種は、直径15cm~20cmの豪華な花を5月~6月頃に咲かせます。つぼみも長くて大きいです。

Img_1522

花色は、赤、朱、オレンジ、ピンク、黄、白、紫などと豊富で、花の姿からオーキッドカクタスという別名もあります。

栽培は風通しのいい半日陰がよく、強い日差しは生育に適しません。寒さには強くないので、冬は室内に取り込みできるだけ5℃以上を確保するようにします。もし、屋外に置く場合は、雨や雪に当たらない軒下に移動し、水を断つようにします。

しかし、我が家のクジャクサボテンは、夏は強い日差しに当たり、冬は霜や雪に直接当たる場所に置きっ放しのため、何とか枯れないでもっている状態です。

そのため、茎は細くなり、2本あったうち1本は今冬の雪で枯れてしまいました。

Img_1523

さすがにかわいそうになり、5月に植替えをしました。そして、今年も花を咲かせてくれたので、これからは少し大事にしてあげようと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白山神社(文京区)のあじさいまつり(2013/6/8)

あじさいを見に鎌倉へ行ってこようと思っていたところ、先日NHKのニュースで長谷寺のあじさいが見頃になってきたことが放映され、昨日朝日新聞の夕刊で成就院のあじさいに大勢の人が訪れている写真が載っていましたが、まだ時期的に早いのではないかと思い、開花状況の下見を兼ねて文京区白山神社のあじさいまつり(6月8日~16日)に今日(6月8日)行ってきました。

最寄り駅は、都営地下鉄三田線「白山」駅か東京メトロ南北線「本駒込」駅で、それぞれ徒歩で3分か6分です。

Img_1520

白山駅からは白山神社への参道がすぐ続いていて、鳥居をくぐれば神社です。境内から白山公園・浅間神社にかけて約3,000本のあじさいがあり、美しい花を一面に咲かせます。

Img_1518

今年は気温が高いためか開花が早く、もう八分咲き(白山公園は五分咲き)ぐらいになっていました。花色も例年より鮮やかなような気がします。

社務所脇のうずあじさいはちょうど満開です。

Img_1436

今日は午前中に来たのですが、土曜日ということもあって境内は大勢の人でいっぱいです。

Img_1517

本殿は参拝する人達で長い列ができていました。白山神社は、神社としては珍しく歯痛止めの神様として信仰され、後に5代将軍綱吉と生母桂昌院の厚い帰依を受けました。

Img_1453

本殿前付近は様々なあじさいで彩られています。

Img_1447

Img_1443

Img_1446_2

Img_1445

Img_1440

カシワバアジサイも咲いています。

Img_1450

ブルーの色が非常にきれいなあじさいもありました。

Img_1514

白山下からくる参道両側のあじさいも色付いています。

Img_1454

Img_1469

今日は土曜日なので、茶屋やあじさいの露店が出ています(土・日のみ出店)。

Img_1473

Img_1464

Img_1465

この後、本殿の左側を通って白山公園へ進み、浅間神社へ行きました。

途中、境内には色々なあじさいが咲いています。

Img_1471

Img_1475

Img_1476

Img_1477

Img_1478

本殿裏の白山公園へ行くと、日陰になっているいるためか、ピンクやブルーのあじさいはまだ5分咲きぐらいでした。

Img_1481

続いて、すぐ前のあじさいまつりの期間中(6/8~6/16)だけ公開されている浅間神社へ行きました。

Img_1483

ここも、ゆるやかな上り坂の両側に様々なあじさいが咲いていて、とてもきれいです。

Img_1484

Img_1485 

白い小さな花弁がかわいいまいこあじさいです。

Img_1489

極小さい薄いブルーの色のやまあじさいも咲いていました。

Img_1492

上るとすぐ小高い頂になり、今度は下りになります。

Img_1498

下る途中もきれいなあじさいが色々咲いていました。

Img_1504

Img_1507

Img_1502

浅間神社を出て境内から帰るとき、毎年鮮やかな濃紅色の花を見せてくれるあじさいは、好天続きで気温が高いせいかくすんだ色になっていました。

Img_1513

隣のあじさいには、クマンバチがきてせっせと蜜を集めていました。

Img_1512_3

白山神社を見る限り、今年はあじさいの開花とおまつりの期間がちょうどいいようです。今度の土・日曜日頃までは十分きれいな花を見られると思います。さて、鎌倉はどうでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月のクリスマスローズの様子(2013/6/7)

久し振りに雨模様の日でしたが、結果として今日も雨は降りませんでした。梅雨はどこへ行ってしまったのでしょうか。

今春美しい花を見せてくれたクリスマスローズはあっという間に新葉を展開し、緑の色を一段と濃くしています。

Img_1423

クリスマスローズはすべて鉢栽培の我が家では、例年だと灰色かび病やべと病対応に追われている頃なのですが、今年は病気対策がうまくいったのか、多少の病気株は出ているものの、大方は順調に生育しています。

成株だけでなく、苗のほうも寒さで一部枯れたものもありますが、順調に大きくなっています。

グリーンSS×リグリスクかブラックSSセルフの3年苗です。来年は花芽を付けてくれると思います。

Img_1429

植え替えをしていないネオンの2年苗です。ゴールド系は葉が黄色いです。

Img_1425

昨年10月に種をまいて発芽したブラックWの1年苗です。

Img_1426

全体的に元気に育っているクリスマスローズですが、病気になったものもあります。

ゴールドネクタリークリアーの成株です。昨年べと病になり、今年も葉の周囲に斑点ができて黄色くなっています。

Img_1420

ゴールド系はどうも病気にかかりやすく、一度罹患するとなかなか根治が難しいです。

数年前は灰色かび病がまん延し、随分悩まされました。3年ほど前からやっと灰色かび病が少なくなったと思ったら、今度はべと病と立ち枯れ病が多発するようになりました。狭い庭での鉢栽培、しかもコンクリ床で日陰も少ないという悪環境の中での栽培は大変です。

そのため、数種の殺菌剤を定期的に散布し、初冬には古葉を早めに切り取るようにしたところ病気が少なくなりました。

以前灰色かび病にかかり、その後元気になったゴールドネクタリー×濃黄の成株です。

Img_1433

現在は、育てている苗にどんな花が咲くのか楽しみですが、同時に今後どんどん大きくなり増えてくる株の場所の確保をどうするのかが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の到来を感じさせるゼラニウム ディープローズウィズアイ(2013/6)

庭は、春の草花たちに替わり初夏の草花になりました。インパチェンス、千日紅、トレニア、ジニア等定番の顔ぶれです。これらに、今年はサフィニアに替わってペチュニアも加わっています。

こうした初夏の草花たちが園芸店の店頭に並び始める頃、ひと足早く美しい花姿を見せてくれるのがゼラニウムです。

ゼラニウムが咲くと、何故か初夏の到来を感じます。きっと夏の暑さに強いというイメージがあるからでしょう。

ゼラニウムは幾つかのシリーズが出ていますが、この3年ほどはストロングシリーズを育てています。

その中でも好きなのが、ディープローズウィズアイです。

Img_1412

この株は、早春のまだ花々が少ない頃に買ったものです。その後一旦花が終わり、現在は満開になりました。

Img_1413

花色は、ローズ地に中心部が濃い紅色です。とても暖かみがあり、強い印象を受けます。花色は気温が高くなると全体的に濃くなります。

Img_1415

ストロングシリーズは栄養系のゼラニウムで、花色が鮮やかであり、暑さに強く雨にも強いという特長があります。

ゼラニウムは寒さには弱いため、関東以南では軒下などに置くほうがいいのですが、我が家では野ざらしになっています。多少見ばが悪くなりますが、春になるとまた元気になります。冷涼地では室内に取り込みます。

花が咲いた後の花柄はこまめに摘み取り、丈が高くなりすぎたら切り戻しをします。切り戻しは生育期間中であればいつでも差し支えありません。

実は、ディープローズウィズアイは3年越しの株があり、今冬の降雪で枝がかなり折れたりしましたが、こちらの株も元気に咲いています。

Img_1193

ゼラニウムはとに角手がかからず、きれいな花を咲かせてくれるので、とても園芸愛好家孝行な草花です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つぼみと花が落ちやすいダブルインパチェンス ウィリー(2013/6) 

今日も暑い一日でした。こう雨が少ないと野菜や草花の栽培には困ると思います。

鉢物がほとんどの我が家では、毎日水やりしなければなりません。特に風がある日は一層乾きが進みます。

乾燥が嫌いな草花には過酷な生育環境になっています。

ダブルインパチェンスの「ウィリー」もそうです。多湿を好むので、鉢植えや底の浅いコンテナでは生育に影響します。

Img_1409

ダブルインパチェンスの中でもピンクのバイカラーは私の好きな花の一つで、例年はフィエスタという品種を丸鉢に2株ほど植えているのですが、今年はウィリーを中型のプランターに4株植えてみました。

Img_1407

フィエスタもそうでしたが、ウィリーもつぼみと花が落ちやすいのがちょっと困ります。花柄摘みなどをしているとすぐ落ちてしまうのです。

うまく育てれば初冬近くまで花が見られると思いますが、夏場は花が少なくなります。その際、切り戻しをしたほうが夏越しが楽ですし、秋もより沢山花が咲くように思います。

ダブルインパチェンスのピンクのバイカラーはとても優しい色合いと花形で、見ていてとても癒されます。

Img_1410

ダブルインパチェンスには、ウィリー、フィエスタの他にムシカなどの品種がありますが、日当たりの良い場所で管理することや花の期間が長いことはどれも一緒のようです。

惜しむらくは、シングルのインパチェンスと同じように花がもう少しいっぱい咲いてくれるといいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珍しい花模様のペチュニア 夢のしずく(2013/6)

年々新しい品種が出てくる園芸界ですが、その中でもペチュニア類の品種改良は一番進んでいるのかも知れません。

花形は一重から八重咲きまで大小様々で、花色も黒に近い色や星形に咲くものなど色々あり、性質は雨に強くて春から夏まで長く咲くようになりました。

先週の土曜日に園芸店で見つけたペチュニアも、花色がパープルとホワイトのシェードカラーで、まるでサツキのような咲き方です。

ペチュニアの「夢のしずく」です。

Img_1402

夢のしずくは、㈱トーホクが品種改良したもので、花色は紙の上に落としたインクがゆっりと滲んでゆくようなやわらかくてファジーな色合いです。

パープルとホワイトのシェードカラーは、どれ一つとして同じものはありません。

Img_1403

Img_1404

Img_1405

性質はいたってコンパクトで、花付きはあふれるようによく咲きます。管理は一般的なペチュニアと同様で、日当たりの良い場所に植え付け、表土が乾いたらたっぷり水を与えるようにします。

花柄摘みは時々おこない、猛暑の時期に1/3ほど切り詰めると、秋には再び花が楽しめます。

Img_1406

それにしても珍しい模様になる咲き方をするものです。見ていて飽きがこない花です。













| | コメント (2) | トラックバック (0)

2年目を迎えたブルーサルビア(2013/6)

今日もいい天気になりました。5月はどこも例年より降雨量が少なかったそうです。このままでいくと、今年は雨が少ない梅雨なのかも知れません。

庭では春の花が終わり、初夏の花に移りつつあります。

2年目を迎えたブルーサルビアも、小さいながら花穂が上がってきました。

Img_1399

このブルーサルビアは、昨年6月に苗を中型のプランターに3株植え、花を楽しんだものです。

Img_6595

花後に切り戻して秋に再び花を楽しみ、初冬になって大きく切ったものです。当初はそのまま処分するつもりでしたが、芽が出てきたので越冬させてみました。

Img_9096

ブルーサルビアは、北米原産の非耐寒性多年草です。多年草ですが日本では寒さで枯れてしまうので、一年草として扱っています。

このため、初冬は軒下に置き、気温が特に低くなる2月は室内に入れました。

春になると芽が伸び始めましたが、成長が遅く、5月下旬になってやっと花穂が少し上がり始めました。

ブルーの小さな花はラベンダーに似ています。

Img_1400

性質は、寒さには弱いですが、夏の暑さと乾燥には強く、初夏から秋まで花が咲きます。ただ、2年目の株は、うどんこ病にかかったシラカシの下に置いていたので、葉がうどんこ病になってしまいました。プランターは植替えをしていないので、オダマキの実生が生えてきています。

Img_1401

草花を大事にするのはいいことですが、我が家のように狭い庭でやり繰りするには時間がかかり過ぎます。

園芸店では、既に大きく花穂が上がった苗が店頭に並んでいるので、一年草扱いのものはやはり一年草として扱ったほうがよさそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

紅紫色の花に覆われたサツキ 紫扇(2013/6) 

梅雨の晴れ間という訳ではないのでしょうが、午後から晴れて爽やかな一日になりました。所用があって午前中から外出しましたが、歩いていても気持ちがよかったです。

庭では、先日出先で立ち寄った植木の専門店で入手したサツキが満開です。

1m弱の大きさで、持ち帰るのも大変だったサツキの「紫扇」です。

Img_1358

当初、少し大きいので入手をやめようと思ったのですが、木を覆うように咲く紅紫色の花があまりにも素晴らしかったので買ってしまいました。

Img_1361

紫扇は、翠扇×月桂冠の系統だそうで、花は紅紫色に大小の絞りが入る大輪系の品種です。まれに白地に濃紅色の絞りが入るそうです。

Img_1359

Img_1360

木を覆うように咲いた紫扇は、他の満開のサツキに比べて特異な色彩のように思えました。

サツキもツバキなどと同様、色々な品種があってよく分かりません。










| | コメント (2) | トラックバック (0)

絞りと底白の花がきれいなサツキ 麗子(2013/6)

湿度が低いと多少暑くても爽やかな感じで過ごせます。

今日は午前中所用があり、午後から庭作業をしました。湿度が低いので庭作業がはかどりました。ただ、鉢物は雨が降ったようでも意外と乾いており、結構水やりにも時間を取られました。

本来は5月の花というイメージが強いサツキですが、6月にかけて満開になりました。

華やかな色彩でこの数年人気のある「麗子」です。

Img_1396

麗子は、(j松鏡×華宝)と麗光との交配種です。

Img_1397

花色は桃紫色地に濃紫紅色の絞りや底白で非常にきれいです。花形は中輪です。

Img_1355

Img_1357

Img_1356

サツキは、花に絞りや咲き分け、底白等、いわゆる芸がどれだけ出るかが品種としての一つの評価基準ですが、麗子ほど華やかな色彩の品種はあまりないと思います。

栽培は、サツキとしての一般的な管理でよく、日当たり・風通しの良い場所に置き、用土の表面が乾いたら水をあげるようにします。夏は半日陰がよく、花後は短く剪定します。

花付きをよくするにはとに角日に当てることだと思います。ただし、根詰まりしていると新芽がなかなか出ないので、花付きが悪くなります。











| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »