« 斑入り葉が美しいトラディスカンティア フルミネンシス バリエガータ(2013/8) | トップページ | 緑のカーテン ミニメロン ころたんの成長Ⅶ(収穫)(2013/8/8) »

斑入り植物 ポトス マーブルクイーン(2013/8)

今日は暦の上では立秋というのに、猛暑日に近い気温になりました。これから暑い日が続くと思うとウンザリです。

でも、夏は暑くないと困るし、10日からは長野に行くのでしばしのガマンです。

長野というと涼しいと思われがちですが、実際は日中の気温が30度を超える日も度々あります。ただ、湿度が低いので割合楽なのと、夜になると山から風が吹いてくるので、涼しくなります。

今日も観葉植物の斑入り葉をアップします。

斑の入り方が絶妙なポトスのマーブルクイーンです。

Img_2309

ポトスは、サトイモ科の常緑多年草で、原産地は東南アジアおよび南太平洋諸島です。原産地では葉が50cm以上の大きさになるとのことですが、日本では栽培環境から大きくなることはないようです。

マーブルクイーンは、白色地の葉に緑色の斑が不規則に入った非常に美しい品種です。

Img_2310_2 

我が家には上の株の他に、4年前に上の株から茎挿ししたもう1株があります。茎挿しは根が出ていたので簡単に付きました。

Img_2311

ポトスはとても丈夫で、最低気温が5度ぐらいまでなら寒さに耐え、日照の少ない室内で十分成長します。茎が長く伸びたら、切って水に挿せば簡単に発根します。

斑入り品種は、他に緑に白い斑が入るゴールデンポトスや緑・黄・白の斑が入るトリカラーがあります。

斑入りの葉は夏には本当に涼しげです。

|

« 斑入り葉が美しいトラディスカンティア フルミネンシス バリエガータ(2013/8) | トップページ | 緑のカーテン ミニメロン ころたんの成長Ⅶ(収穫)(2013/8/8) »

植物・ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斑入り植物 ポトス マーブルクイーン(2013/8):

« 斑入り葉が美しいトラディスカンティア フルミネンシス バリエガータ(2013/8) | トップページ | 緑のカーテン ミニメロン ころたんの成長Ⅶ(収穫)(2013/8/8) »