« 上野公園不忍池のハスの花と韻松亭の食事(2013/7/31) | トップページ | 早くも咲き始めた秋の花 小菊(2013/8) »

実生のインパチェンス(2013/8)

曇天とはいえミンミンゼミが鳴いて蒸し暑い夏の天気。このところの不安定な天気で北陸や新潟では集中豪雨になっています。場所が移りながら豪雨になる今年の夏です。

猛暑でも晴天がいいか、蒸し暑くても雨模様がいいか、難しい選択ですがやはり夏は暑くても晴れていた方がいいと思います。

こうした天気でも植物たちは微妙な季節の変化を感じ取っているのでしょう。新たに咲く花もなくなった庭に、今年も実生のインパチェンスが色々な所で咲き始めました。

バラの鉢に咲いたローズとホワイトの一重のインパチェンス。トレニアの実生も出ています。

Img_2161

ユリの鉢に咲いたインパチェンス

Img_2159

シャクナゲの鉢からも咲いています。

Img_2165

ムスカリの鉢にはまだ花の咲かない実生苗が出ています。

Img_2169

これら実生のインパチェンスは、昨年花が咲いた後のこぼれ種から芽を出したものです。

ただ、実生から花が咲くのは一重の単色花だけで、複色花や八重咲きは咲きません。それらは一代交配種で種ができないのかも知れません。

その複色花を今年も植えていますが、暑さでダメージを受けながらもまだ咲いています。

Img_2160

本当は雑草を取る際、実生苗も抜いてしまいたいのですが、かわいそうでどうしても残してしまいます。ただ、あまり大きくなると本来植わっている植物にはよくないと思うのですが。

実生で出てくる草花は、あとトレニア、ノースポール、ベゴニアがあります。インパチェンスを含めて実生苗をきちんと育てようとすると、鉢が増えてしまうので痛しかゆしです。

 

|

« 上野公園不忍池のハスの花と韻松亭の食事(2013/7/31) | トップページ | 早くも咲き始めた秋の花 小菊(2013/8) »

植物・ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実生のインパチェンス(2013/8):

« 上野公園不忍池のハスの花と韻松亭の食事(2013/7/31) | トップページ | 早くも咲き始めた秋の花 小菊(2013/8) »