植物・ガーデニング

緑のカーテン ミニメロン ころたんの成長Ⅶ(収穫)(2013/8/8)

いよいよ本格的な猛暑になりました。昼間暑いだけでなく、夜も25度以下にならず熱帯夜です。

夜中目が覚めるとじっとりと汗をかいていて、また眠ろうとしても暑くて眠れません。止むを得ずクーラーを入れてしまいます。

これから2週間ほどは猛暑が続くとのこと。夏バテしないように気を付けねば。

夏の暑さに耐えてきたミニメロンのころたんも、果実が成熟するにつれて葉がだいぶしおれるものが出てきました。果実はあと5日ほどそのままにしたいところですが、10日から長野に行くので今日収穫しました。味は長野で確認します。

植付け時から果実の収穫までをアップします。

5月28日 植付時の様子

Img_1327

6月8日 親づる摘芯の2、3日後の様子

Img_1524

6月15日 子づるを各2本にした状態

Img_1568

6月19日 雄花が開花

Img_1729

Img_1727

6月22日 子づるが伸び始めた状態

Img_1839_3

7月7日 孫づるが伸び始め雌花が開花

Img_1992

花が枯れ、子房が残っている状態

Img_1989

子づるは2.5m位まで伸びたので摘芯

Img_1987

7月12日 孫づるの上のほうの雌花に着果

Img_2044

着果後、少し肥大し始めた実(2cmほどの大きさ)

Img_2042

孫づるが伸び始めていよいよ緑のカーテンらしくなったころたん

Img_2041

7月17日 果実が大きく肥大

Img_2069

直径10cm以上になり桃よりも大きくなっています。自重でつるが折れるので、ビニールテープで吊っています。

Img_2073

プランター栽培のため着果数を1株2個程度に制限しており、現在5つの実が成っています。

Img_2070

孫づるの葉が大きくなってきたので、一段と茂ってきました。

Img_2067

7月27日 5個中2個はネットらしきものが見えてきました。

Img_2141

果皮も少し黄色くなってきました。

Img_2146

他の3個も順調に肥大しています。

Img_2144

8月8日 長野へ行くために収穫です。1、2番目に実が成った2個はネットがはっきりして、かなり色が黄色くなり、大きさも直径15cm強の立派なメロンになりました。

Img_2305

ヘタのつけ根に離層と呼ばれるひびも見え始めています。

Img_2314

他の3個はまだ成熟しておらず、大きさもひと回りからふた回り小さいです。

Img_2304

葉は下の方がかなり枯れてきました。これから不在になるので枯れてしまうでしょう。

Img_2306

ころたんは、肥大してから成熟するまで結構日数がかかりました。でも、とても立派な実になり、販売されているメロンに引けを取りません。

プランターという限られた環境でよくここまで実を付けてくれたものだと思います。あとはどんな味がするかですが、それは長野でのお楽しみといったところです。

(追記)

長野に行くため、やむを得ず5個全部を収穫しました。

Img_2325

大きくなったものは1.4kgありました。

Img_2322

4日ほど追熟し、食べてみました。果肉が厚く、甘くてとてもジューシーで美味しかったです。ただ、果皮に近い部分は甘味が薄くなったので、プランターでもう3日ほど成らせれば完璧だったと思います。

Img_2433

小さいものは食べても甘くないと思い、浅漬けにしてみました。歯触りはソフトで、メロンの爽やかな味がしてこれまた美味しかったです。

Img_2357_2

ころたんはとても水分が多く、これほど美味しいとは思いませんでした。水の管理さえできれば、食べても美味しい素晴らしいグリーンカーテンだと思います。









| | コメント (2) | トラックバック (0)

斑入り植物 ポトス マーブルクイーン(2013/8)

今日は暦の上では立秋というのに、猛暑日に近い気温になりました。これから暑い日が続くと思うとウンザリです。

でも、夏は暑くないと困るし、10日からは長野に行くのでしばしのガマンです。

長野というと涼しいと思われがちですが、実際は日中の気温が30度を超える日も度々あります。ただ、湿度が低いので割合楽なのと、夜になると山から風が吹いてくるので、涼しくなります。

今日も観葉植物の斑入り葉をアップします。

斑の入り方が絶妙なポトスのマーブルクイーンです。

Img_2309

ポトスは、サトイモ科の常緑多年草で、原産地は東南アジアおよび南太平洋諸島です。原産地では葉が50cm以上の大きさになるとのことですが、日本では栽培環境から大きくなることはないようです。

マーブルクイーンは、白色地の葉に緑色の斑が不規則に入った非常に美しい品種です。

Img_2310_2 

我が家には上の株の他に、4年前に上の株から茎挿ししたもう1株があります。茎挿しは根が出ていたので簡単に付きました。

Img_2311

ポトスはとても丈夫で、最低気温が5度ぐらいまでなら寒さに耐え、日照の少ない室内で十分成長します。茎が長く伸びたら、切って水に挿せば簡単に発根します。

斑入り品種は、他に緑に白い斑が入るゴールデンポトスや緑・黄・白の斑が入るトリカラーがあります。

斑入りの葉は夏には本当に涼しげです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斑入り葉が美しいトラディスカンティア フルミネンシス バリエガータ(2013/8)

東京は夕方雷とともに滝のような豪雨になりました。北関東でも雨が降っているので、水がめである一番貯水容量の大きい矢木沢ダムも、このところ貯水量が少しずつ増えているようです。

豪雨の後の猛暑ということで、明日からは全国的に厳しい暑さになるようです。セミたちの鳴き声もいっそう高くなるでしょう。

暑いときは植物も斑入り葉のものが涼しく感じます。暑くなると益々旺盛に葉を茂らせているトラディスカンティア フルミネンシス バリエガータです。

Img_2298

フルミネンシス自体は常緑で、我が家の花壇にも茂っていますが、近年は斑が入ったバリエガータなどが観葉植物として多く栽培されています。

Img_2300

トラディスカンティア フルミネンシスは、非常に丈夫で関東地方以南であれば路地で越冬します。バリエガータも強い霜や雪にあわなければ、枯れてしまうことはありません。春になるとまた新しい葉が出てきます。

我が家では日陰になる壁際で茂り、斑入りの葉がとても美しいです。

Img_2302_2 

斑入り葉の柄は一定ではなく、色々な斑の入り方をします。中には緑の入らない幽霊葉になったり、逆に斑が入らない緑葉になったりします。

Img_2299

緑がちの斑入り葉ですが、それでもとても目立ちます。

Img_2303

花は小さな白い花が咲きます。増やしたい場合は、切った茎を水の入ったコップに挿しておけば簡単に発根します。

斑入り品種は、他にバリエガータにピンクが入るトリカラーや白・青・紫と3色が美しいセブリナ、白い斑が縦に入るアルボビッタータ、ピンクの斑が入いるメイドンズブラッシュ(胡蝶の舞)などがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斑が入り始めたオモト 富士の雪(2013/8)

今日は午後から晴天になり暑くなりました。風も少し吹いたので庭の鉢はカラカラになりました。

東日本も明後日からはいよいよ暑さが厳しくなるとのこと。何とか暑さをしのがなければ。でも先はまだ長い。

蒸し暑い日が続くと、根が太くて長い植物はどうしても根腐れしやすくなります。しかも、我が家は適当な栽培場所がないので、オモト、春ラン、寒ラン、エビネなどはどうしても作落ちしがちです。

オモトは特にそうで、いい斑入りの柄だった富士の雪は青葉のすっかり小さい株になってしまいました。このままでは枯れてしまうと思い、4年ほど前、花壇に地植えにしました。

特に気にしないでいて今年の2月に花壇を見たところ、オモトの青葉の1枚に斑が入っているのに気がつきました。

Img_9606

その後、8月になって葉の状況を確認したところ、後から出た葉3枚にも一筋の斑が入っていました。

Img_2296

しかし、斑が入ったといっても棒縞のような柄で、富士の雪本来の柄ではありません。

Img_2297

富士の雪は、オモトの中では薄葉系で、白覆輪の一文字という品種に白い虎斑が入ったものです。ですから、とても富士の雪とは言えません。

以前は広葉系の鷲高隅や五大州を育てていましたが、みな枯らしてしまったので、生きているだけいいのかも知れません。

やはり植物は、鉢植えより地植えの方が育てやすいような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の花 ペンタス(2013/8)

まったく困ったものです。そう、植物ではなくて、福島第一の地下の汚染水です。もう2年半も経つというのに一向に収束に向かいません。それどころか拡大している気配さえあります。

当初から思っているのですが、東電という一企業に対策をまかせておくのは無理なような気がします。国が主体的に取り組まないと、時間ばかりかかり収束に向かいません。

地域住民だけでなく、子供たちにも今後大きな影響を及ぼすのは明白です。これから大地震も予想されており、関東甲信越に住む者にとっても他人ごとではありません。

さて、涼しかった昨日から今日は夏の暑さになりました。花の少なくなったペチュニアに替えて、暑さに強いペンタスをプランターに植えました。

Img_2206

ペンタスは熱帯アフリカ原産で、花は5つに裂けた星のような形の小花が半球状にかたまって咲きます。花色は紅、ピンク、紫、白などがあります。

Img_2203

Img_2204

Img_2205

性質は、日光を好み夏の暑さに強いですが、過湿を嫌うので、水はけのよい用土に植えつけます。ただ、寒さには弱く、冬は室内かベランダで管理するようにします。

我が家では紅、ピンク、紫の3色を植えましたが、毎年初冬まで色あせることなく咲き続けてくれます。

Img_2208

ペンタスは、花が咲いて枝が伸びすぎたら、早めに切り戻すとまた花が咲きます。

冬は保温をすれば枯れませんが、一年草と考えて毎年更新したほうがいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早くも咲き始めた秋の花 小菊(2013/8)

今日、東日本は秋のような涼しい一日でした。それに比して西日本は相変わらずの猛暑で、今夜も寝苦しいことでしょう。

つかの間の涼しさに誘われたのか秋の花である小菊が咲き始めました。早咲きの菊があるので早く咲いてもおかしくはないのですが、菊というとやはり秋がふさわしい花です。

品種不明の小菊です。摘芯しないでこれだけ枝とつぼみの数が多いので、もしかするとドーム菊なのかも知れません。

Img_2199

暑さのせいで花色はかなり白っぽくなっています。気温が低下すると紫色になります。

Img_2171

まだつぼみが沢山あるので、これから株を覆うように咲いてきます。

Img_2201

菊は他に10鉢ほどありますが、つぼみが付いているのは1鉢しかありません。しかもまだ極小さいつぼみです。

この菊は摘芯しなくてもいいので本当に楽です。他の風車菊や食用菊は摘芯しないと背が高くなってしまいます。特に風車菊は80cmほどの大きさになり、花数も少なくなります。

早咲きとはいえ、この暑さの中で咲いてくれるのですから、少しは大事にしてあげなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実生のインパチェンス(2013/8)

曇天とはいえミンミンゼミが鳴いて蒸し暑い夏の天気。このところの不安定な天気で北陸や新潟では集中豪雨になっています。場所が移りながら豪雨になる今年の夏です。

猛暑でも晴天がいいか、蒸し暑くても雨模様がいいか、難しい選択ですがやはり夏は暑くても晴れていた方がいいと思います。

こうした天気でも植物たちは微妙な季節の変化を感じ取っているのでしょう。新たに咲く花もなくなった庭に、今年も実生のインパチェンスが色々な所で咲き始めました。

バラの鉢に咲いたローズとホワイトの一重のインパチェンス。トレニアの実生も出ています。

Img_2161

ユリの鉢に咲いたインパチェンス

Img_2159

シャクナゲの鉢からも咲いています。

Img_2165

ムスカリの鉢にはまだ花の咲かない実生苗が出ています。

Img_2169

これら実生のインパチェンスは、昨年花が咲いた後のこぼれ種から芽を出したものです。

ただ、実生から花が咲くのは一重の単色花だけで、複色花や八重咲きは咲きません。それらは一代交配種で種ができないのかも知れません。

その複色花を今年も植えていますが、暑さでダメージを受けながらもまだ咲いています。

Img_2160

本当は雑草を取る際、実生苗も抜いてしまいたいのですが、かわいそうでどうしても残してしまいます。ただ、あまり大きくなると本来植わっている植物にはよくないと思うのですが。

実生で出てくる草花は、あとトレニア、ノースポール、ベゴニアがあります。インパチェンスを含めて実生苗をきちんと育てようとすると、鉢が増えてしまうので痛しかゆしです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の花 オオベンケイソウ パープルフェイス(2013/7)

山陰、北陸、東北は豪雨に見舞われ大変です。関東は水ガメの貯水量が足りないというのに、考えられないような雨量です。

この数年、毎年のように豪雨による被害が出ており、台風、地震に加えて豪雨への対策も必要です。

こう猛暑になったり豪雨になるようだと、特別な趣味家はともかく、植物はできるだけ日本の気候に合ったものを育てるほうがいいようです。

今日も大変丈夫なオオベンケイソウのパープルフェイスです。

Img_2155

オオベンケイソウは、昨日アップしたセダムのフロステッドに非常に似ていますが、分類上は同じベンケイソウ科ですがセダム属ではなく、ムラサキベンケイソウ属になります。

パープルフェイスという品種名ですが、花の色は紫ではなくピンクです。

Img_2156

小さいピンクの花はまるで線香花火のようです。

Img_2157

オオベンケイソウは、東アジア原産の耐寒性多年草ですが、冬は地上部が枯れます。多肉の葉は緑白色で美しく、土中の肥大した地下茎から毎年花茎を伸ばします。

性質は非常に強健で、日当たりと排水のよいところで乾燥気味に管理します。増殖は挿し木か株分けで、株分けの場合は秋が適期になります。

我が家では時たま水をやるぐらいで、非常に手のかからない植物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の花 セダム フロステッド(2013/7)

このところずっと高温多湿のうっとうしい日が続いています。気温が高くても湿度が低ければ何とか過ごせるのですが、ジットリと汗をかく湿度には参ります。

草花たちもぐったりしています。クリスマスローズなどはかなり根にダメージを受けているようです。これで強い陽が照りつければ、一気に根腐れする株が出てくるでしょう。

同じ草花でも多肉植物であるセダムは、まったく変わりがありません。

今春小さな苗だったフロステッドは大株になって、見事な花を咲かせ始めました。

Img_2151

フロステッドは、ベンケイソウ科セダム属の耐寒性多年草で、白覆輪の葉に小さな花を塊状に咲かせます。

Img_2152

開花期は8~10月で、花は極小さな白い星形です。

Img_2153

本当はピンクの花が咲くと思っていたのですが、どうやらフロステッドでもファイアという品種でないとピンクには咲かないようです。

Img_2154

性質は寒さに強く、栽培は日当たりと水はけのいい場所で育てます。

我が家には他にパープルフェイスという同じベンケイソウ科の品種があり、こちらの方はピンクの花が咲きます。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の花 つるなしインゲン(2013/7)

昨夜は急な雷雨で、隅田川の花火大会も開始30分で中止になりました。中止になったのは初めてだそうですが、多くの人達が楽しみにしていたので可愛そうです。

折角スカイツリーや屋形船で花火を見ようとしていた人達は、高い料金になってしまいました。屋形船の通常の料金は10,000円ぐらいですが、花火の日は3倍ぐらいの料金だそうです。

夏の夜は雷雨になりやすく、諏訪湖で花火を見た時も何回か雨に降られたので、これまで中止になったことがないのが不思議です。

さて、東京の我が家ではまず作らないインゲンですが、鉢植えにしたつるなしインゲンの花が咲きました。ピンクのかわいい花です。

Img_2148

このインゲンは、お隣の小学校5年生の女の子が、自分では育てられないからと預かったもので、持ってきたときは極小さなポットに3本が植えられ、茎が折れていました。

茎が折れているので育たないかも知れないと思いましたが、その後1本は枯れたものの2本は新芽が伸びてきました。

Img_2147

当初付いていた小さな莢は丸い大きな莢になりました。

Img_2150

インゲンにはつるなし種とつるあり種がありますが、つるなし種は支柱が不要で栽培期間が短く、追肥はしません。ただし、つるなし種はつるあり種に比べて収量が少なくなります。

長野の家の畑では、以前、前年のつるあり種(モロッコ)のこぼれ種から芽が出て、また莢を沢山収穫したことがあります。インゲンはそれぐらい育てやすい野菜です。

モロッコの花はピンクではなく白色でしたが、いっぺんに莢ができると、他の野菜同様食べるのに苦労します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧