日記・コラム

清里・野辺山ドライブとブログの終了について(2013/8/25)

暑い東京を離れて長野に来て数日。長野も今年は暑くて昼間は毎日のように30度を超えました。

ただ、湿度が東京よりも低いのでそれほど蒸し暑さがないのと、夜になると山から風が吹いてきてとても涼しく、寒いぐらいの日もあります。

小さな畑の草刈をやっと済ませて、8月19日(月)に妻と清里・野辺山方面へドライブに出かけました。

緑の濃い森の中を走っていくのはとても快適で、美しい山々が姿を見せ、きれいな花々も咲いています。

オオハンゴンソウの群落です。

Img_2336

JR小海線沿いの国道141号線を走り、最初に清里の清泉寮に行きました。平日ですが夏休み中なので、結構多くの人が訪れていました。

Img_2392

目の前に広がる牧場の彼方に山々が見えます。

Img_2391

清泉寮に来て忘れてならないのはソフトクリーム(350円)です。濃厚で甘くて美味しいです。

Img_2393

清泉寮を散策した後は、野辺山へ向かいました。まずは駅に行き、観光案内所で名所をリサーチ。

標高1,345mにあるJRで日本一高い野辺山駅です。

Img_2396

野辺山駅から国立天文台の宇宙電波観測所へ。世界最大の45mの電波望遠鏡を始め、10mの電波望遠鏡が6台並ぶなど壮観です。

Img_2401

電波を観測すると宇宙の様々なことが分かるとのことで、まったく壮大な世界です。

宇宙電波観測所からは、車で5分ほど走ったところにあるJRの最高地点(1,375m)に行きました。

Img_2404

ちょうど小海線の電車が通っていったりして、なかなか風情がありました。

ここで12時頃だったので、「最高地点」というレストランに入りました。周りはおそばを食べている人が多かったのですが、ソースカツ丼(1,100円)を頼みました。ソースがなかなかの味でした。

Img_2408

昼食後はレストランから少し走ったところにある滝沢牧場に行きました。滝沢牧場は広さが10万㎡あり、乳しぼり、乗馬、バター作りなど様々な体験ができます。

私達もコーヒーを飲んだ後、引き馬による乗馬体験(1,000円)をしました。

Img_2414

滝沢牧場でしばし楽しんだ後は温泉に入りたくなったので、海尻駅方面の「灯明の湯」へ向かいました。

国道141号線を海尻駅方向へ20分ほど走り、湯川を渡って左折すると灯明の湯(800円)です。

Img_2424

お湯はナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉で、薄い黄緑色をしています。ただ、源泉の温度が36度程度と低く、加温をしてない露天風呂は少しひんやりした感じです。

Img_2422

空いていたのでゆっくり汗を流し、3時頃灯明の湯を後にしました。

141号線を野辺山方向に戻り、途中、八ヶ岳高原音楽堂に寄りました。八ヶ岳高原音楽堂は、広大な高級別荘地内にあり、時々ミニコンサートが開かれます。

Img_2426

音楽堂から最後に、野辺山のビュースポットであるしし岩に行きました。しし岩はししのような形をした大きな岩があるところですが、そこからは八ヶ岳連峰が一望できて壮観です。

Img_2432

しし岩を出るともう5時頃だったので、八ヶ岳横断道路を走って帰路につきました。

昼間は多少暑かったものの、とても爽やかな気持ちのいい一日でした。

<ブログの終了について>

今までほぼ毎日のようにブログをアップしてきましたが、現在やりたいことがあり、そちらのほうに時間を集中することにしました。以前から考えていたことであり、我が家の植物についても2巡ほどしたので、区切りをつけることにしたものです。

旅行や美術館・博物館巡りなどはこれからも続けますし、植物も育てていくことに変わりはないので、時々アップすることも考えましたが、中途半端になると思い止めることにしました。

これまでつたない記事を読んでいただき、色々な方々からアドバイスをいただいたり、情報交換をさせていただいたりして、大変楽しいブログ生活でした。

こらからも皆様がお元気で楽しい毎日を送られるよう切に願っています。

ありがとうございました !!!













| | コメント (11) | トラックバック (0)

美味しそうな果物 アンズ(2013/7)

連日の猛暑で、ちょっと外を歩くだけでも汗だくになります。必然的に水分を多く摂るようになり、食欲もあまりなくなってきました。

でも、こんな猛暑の炎天下で働く方々もいるのですから、本当に頭が下がります。しかし、暑いものは暑いので、少しでも涼しく過ごせるよう工夫しなければ。

ところで、外出先からの帰り道、青果店の前を通りかかると真っ赤なスイカに並んでオレンジ色のアンズが並んでいました。

アンズは、これまでドライフルーツなどで食べたことはありますが、生食したことはありません。でも、店頭に並んだオレンジ色のアンズがあまりにも美味しそうだったので、食べてみることにしました(1パック480円)。

Img_2001

触ってみると柔らかく、熟していてちょうど食べごろです。

Img_2002

妻にも勧めると、妻は子供の頃庭にアンズの大きな木があり、食べたことがあるということでした。毎年7月頃になるとアンズが屋根の上に落ちてくるほどだったが、食べて美味しかった記憶はないとのことでした。

さっそくナイフで切って食べてみることにしました。果肉はみずみずしいものの、果汁はそうないようです。

Img_2004

食べてみると少し繊維分が多く、もちもちした感じです。甘味はあまり強くなく、酸味は意外にもほとんど感じませんでした。

果物としては甘味、酸味、果汁が十分でなく、食感もいまいちなので、デザートとしては不向きかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊作のスグリとウメでジャム作り(2013/7)

7月1日~3日まで長野の家に行ったら、庭のスグリとウメの木に実がたわわに成っていました。

今年は特に実付きがよく、収穫には少し早い気もしましたが、次回来れるのは8月になるので、思い切って収穫しました。

すずなりのスグリです。重くて枝が垂れています。

Img_1956

少し早いのでまだ赤く色付いていません。

Img_1958

たわわなウメの実です。

Img_1954

スグリは刺を避けながら、ウメは脚立に上りながら収穫しました。スグリは約2kg、ウメは約4kgで、思った以上の収量です。

Img_1971

Img_1965

妻は、昨年までスグリはジャムに、ウメはウメ酒にしていましたが、今年は両方共ジャムにしたいとのこと。ジャム好きの我が家では、夏ミカンのジャムがだいぶ少なくなったので、丁度いいところです。

東京に戻り、夜さっそくジャム作り。といっても、私は下処理を手伝っただけです。

スグリは実が小さくて、花柄の残りと軸を取るのに手がかかります。ウメは下から見たときはきれいな肌でしたが、採ってみると少し黒点があり、それを取り除くのと種から身を切り取るのに時間がかかりました。

出来上がったスグリのジャムは酸味が強くてとても野性的な味です。ウメのジャムは酸味が弱くてマイルドな味になりました。

どちらもとても美味しいのですが、スグリは小さい種があるので、どちらかというと大人向けの感じがします。そして、スグリのほうは酸味が強いので、酸っぱいのが好みの方にはお薦めです。

スグリは後から食べることにして、ジップ袋で冷凍保存。

Img_1986

ウメはすぐ食べるので、びん詰めにして冷蔵しました。

Img_1985

これから毎日のパンの食事が楽しみです。また、紅茶に入れて味わうのもいいかなと思っています。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛来が遅かったツマグロヒョウモン(2013/6)

今年は、モンシロチョウやアゲハチョウなど例年見るチョウが庭に数多く飛来します。別に生育できる場所が増えたとは思えないのですが、かなり見かけます。

ただ、チョウの中でも例年6月上旬には見かけるツマグロヒョウモンの姿はなく、今日(6月28日)やっと庭に飛来しました。

トレニアの花の蜜を吸うツマグロヒョウモンのメスです。

Img_1845

最初はビオラに卵を産みにきたのかと思ったのですが、今日は花の蜜を求めてやってきたようです。

Img_1843

翅を閉じた時はグレーと薄茶色のまだら模様になります。

Img_1841

もっとも、オスは翅の先が黒くなく、茶色一色になります。オスも今日飛来しましたが、蜜を吸うことがなかったので、写真が撮れませんでした。

ツマグロヒョウモンは、タテハチョウ科で主に西日本に分布し、メスは翅の先が黒いのが特徴です。オスは茶色一色なので、他のヒョウモンチョウと見分けるのは大変難しいです。

食草はスミレ科の植物なので、温暖化とあいまって関東南部でも見かけることが多くなりました。一昨年は我が家にもかなり飛来し、ビオラやパンジーに産卵したので、幼虫をかなり見かけました。

幼虫は黒い体に赤い線が入っていて、トゲでおおわれています。非常に毒々しい色彩で目立ちますが、チョウの幼虫なので毒はありません。

以前、ビオラのプランターにいた幼虫です。

P4120092

幼虫はこの後さなぎからチョウになって、何回か生命のサイクルを繰り返します。冬はさなぎや幼虫で越冬します。

近年は庭にビオラ・パンジーや柑橘系の植物を植えるお宅が多くなったので、それらを食草とするチョウたちは棲みやすくなってきたのでしょう。

我が家には捕虫網を持った子供たちが来るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野で楽しいミニ畑仕事 Ⅱ (2013/5/23)

5月23日(木)、今日は朝早くから少し離れたミニ畑で草刈りと野菜苗の植付け仕事です。

本当はゆっくり畑仕事にかかればいいのですが、涼しいと思っていた長野も昨日昼間は結構暑かったので、できるだけ涼しい時間にやることにしました。

畑に来てみると、スギナやクローバーなどの雑草が15cmほどに伸びていました。その雑草越しに先月植えた松本一本ネギを見てみると、一部が倒れていたり傾いていたりしていてどうも変です。

近寄ってよく見てみると、茎の部分がかじられていました。傾いていたネギを触ると簡単に抜けてしまい、やはりかじられていました。

Img_1305

ネギの植わっているうねをみると、土が凸凹になっています。どうやら犯人はモグラのようです。以前にもモグラが出たことはありますが、作物が食害されることはありませんでした。

幸い、昨年からのこぼれ種で芽がたくさん出たカモミールは大丈夫でした。

Img_1294

先ずは畑をきれいにしようと、草刈り機で伸びた雑草を刈りました。それから、浮いているネギを植え直し、土寄せして追肥をしました。

そして、昨日JAで買ってきた苗類を植え付けました。

アイコなどのミニトマト3種類

Img_1307

ズッキーニ2苗。もうつぼみが付いています。

Img_1303_2

夕顔3苗

Img_1304_2

ルバーブ1苗

Img_1306_2

この他、バナナピーマン1苗とジャガイモの男爵を20個ほど植えました。

ただ、今年は雨が降らず乾燥が激しいので、苗がうまく根付いてくれるかどうか分かりません。

少しでも乾燥を防ごうと、刈り取った草を苗の周囲に井桁に組みました。

午前中も昼近くになるとかなりの暑さになり、汗だくになりました。それでも雑草を刈って苗を植えるはとても楽しいです。達成感もありますし。

お昼は、お気に入りのイタリアレストラン「UMEZO」へ。古民家を利用した雰囲気のいいお店です。ランチのパスタとピザを注文(サラダ、飲み物付きで1,030円)。

Img_1313

ボンゴレのペペロンチーノ

Img_1309_2

ソーセージとホウレン草のトマトソースピザ

Img_1308_2

昼食後はまた畑に戻り、一部を耕してレモンバームとコスモス「あかつき」の種、それから掘り上げて保管しておいたダリアの球根を植えました。

畑を耕すと、どこで見ていたのか、ムクドリが数羽飛んできて、出てきた虫をついばみ始めました。時々こちらを見ながら一心に餌をついばんでいる様子は、とてもかわいかったです。

最後に川から水を汲んできて水やりをしましたが、明日以降もプルーンの消毒やキウイの剪定などをしなければなりません。

Img_1301

時間が経つのは早く、あと2日もあっという間に過ぎて東京に帰ることになると思います。

         

| | コメント (8) | トラックバック (0)

長野で楽しいミニ畑仕事 Ⅰ (2013/5/22)

暑い東京を離れて涼しい長野でミニ畑の仕事をしようと、5月22日(水)から4日間妻と行ってきました。

長野といっても2時間ほど列車に乗れば着いてしまいます。今回は畑仕事だけでなく、昨年天井裏に作られたススメバチの巣の除去もあります。

長野の家には先月も所用があって立ち寄っていて、大きく変わったのは桜や梅の咲く景色からカラマツなどの新緑の風景になったことです。

タクシーに乗って家に着くと、庭には様々な花が咲いていました。

自然に生えたマーガレット。結構あちこちに咲いています。

Img_1284

花が大きなレンゲツツジ

Img_1298

Img_1299_2

種が飛んで何か所か咲いているピンクのルピナス

Img_1286_2

ボリュームがある白い花のオオデマリ

Img_1300_2

緩斜面に広がって咲くアジュガ

Img_1287_2

植えた訳でもないのに何本か咲いていたテンナンショウ。

Img_1290_2

花以外にも、庭には野生化したミツバが沢山生えたりしています。時々みそ汁に入れて香りを楽しみます。

Img_1289_2

以前植えたコゴミも葉を大きく広げています。

Img_1291

先月花が咲いていた梅には、びっしり実が成っています。

Img_1296_2

庭を見ていると急に小さな茶色い鳥が飛び立ちました。よく見るとサツキの中に巣を作っていて、茶色い卵が4個ほど見えました。あまり見ない鳥で、何という名前でしょうか。

Img_1314

この後、家の掃除をしてから、昨年天井裏にかけられたスズメバチの巣の除去にかかりました。しかし、天井裏を覗いても遠い壁際に巣があってなかなか除去できず、ある程度壊すだけしかできませんでした。でも、スズメバチがいなくてよかったです。

そんなこんなで、畑仕事までやる時間がないので、今日はJAで苗類を買うだけにして明日以降にやることにしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

花が一度に咲く長野の春(2013/4/18)

寒暖の差が大きい今年の気候は長野でも同じでした。4月15日~18日まで行っていた長野の中部地方は、ちょうど暖かい日々で春うららといった感じでした。

所用があって行った長野ですが、桜を始め花々が咲き乱れ、とてもきれいでした。

満開の桜です。例年よりも10日ほど早いようです。

Img_0684

我が家の庭も春の花々が咲いていました。

満開の白梅(実梅)です。長野では色々な花が一度に咲いてしまいます。

Img_0680

淡いブルーのキクザキイチゲ。可憐な花です。

Img_0678

降り積もった雪に耐えて咲いた春ラン。

Img_0674

黄色の八重咲きの水仙。東京ではほとんど見かけません。

Img_0676

ムラサキツツジはひときわ目立ちます。

Img_0681

花々だけでなく、きのこのシイタケもほだ木から出始めていました。ただ、雨が少なかったようでかなり乾燥しています。

Img_0673

周辺のカラマツ林も芽吹き始めました。これからは樹々もあっという間に新緑になるでしょう。

帰京する日にJAファームに寄ったところ、もう様々な野菜の苗が出ていました。植えようと思っていた松本一本ねぎの苗も出ていたので、早速買い求め、急いで畑に植えました。畑は暑くて汗だくでした。

Img_0688

東京に戻ると、夜ということもあって涼しく感じました。

明日の土曜日はかなり寒くなるとのこと。きっと、長野は朝-2度くらいになるでしょう。いい時に行ってきました。

5月になったら山菜採りに行きたいと思っていますが、行けるかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大寒の都心に春の兆し(2013/1)

今日は大寒で風が冷たく、まだ雪の残る都内ですが、少しずつ春は近づいているようです。

近所のお宅の梅の花が早くも咲き始めました。

Img_9361

咲いたのはまだ一輪だけですが、つぼみは膨らんでいるので、暖かい日が続けば次々に咲きそうです。

Img_9363

ロウバイも咲き始めています。黄色いろう質の花は透き通るようです。

Img_9373_2

つぼみは少ないですが、満開になればきっときれいでしょう。

Img_9375_2

この寒さの中で、今を盛りと咲き誇っているのは、サザンカと寒ツバキです。ともに紅い花がよく目立ちます。

サザンカ

Img_9367_2

寒ツバキ

Img_9370_2

今週は火曜日と木曜日にまた雪の予報。先週の大雪にこりて、クリスマスローズは今日、一部を軒下に移動しました。プリムラやストックなどの草花は、明日の夕方、屋内に避難させる予定です。

今年はどうも雪が多そうな年です。備えあれば憂いなしとはよく言ったもの。とは言え、すべてを雪から守るわけにはいかないので、あとは自然の成り行きにしばし任せたいと思います。

そして、雪が降らなくなるようになると、すぐ春です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

何気ない風景 駒込吉祥寺の冬桜とイチョウの気根(2013/1)

今日は、文京区の駒込に所用があり、途中で吉祥寺に寄ってきました。

吉祥寺は曹洞宗のお寺で、江戸時代には多くの学僧が学び、駒沢大学の母体ともなった栴檀林(せんだんりん)が置かれていたところです。

また、中央線の吉祥寺の地名は、明暦の大火で駒込吉祥寺の門前町の住民が住居を失い、現在地に移住・開墾したことに由来するものです。

山門を入ると参道がありますが、左側の壁は瓦を重ねてあり、あまり見かけない壁です。

Img_9122

参道に入ると、すぐ左側に冬桜(フユザクラ)の花が咲いていました。現在1分咲きぐらいで、12月頃からポツポツ咲き始め、3月頃まで咲き続けます。

Img_9107

冬桜はマメザクラの交雑種と言われており、3本植わっていますが、注意してないと見過ごしてしまいます。

Img_9115

花は白色の5弁の一重咲きで、とても清楚な感じです。

Img_9111

参道には、冬桜の他に枝垂桜が何本も植わっており、春になるととても見事です。そして、イチョウの大木も数本あり、秋の黄葉も素晴らしいです。

このイチョウの大木ですが、多くの木が幹の途中から気根を出しているのです。不思議というか、面白いものです。

Img_9119

Img_9118

中には、木の又のところにシュロや何かの常緑樹が生えてきているものもあります。

Img_9120

さらに参道を歩いて本堂近くまで来ると、右側にセンダンの大木があり、実を沢山付けていました。センダンは初夏に薄紫色の花を咲かせ、秋に黄色い実を付けます。邪気を払う霊木としても知られています。

Img_6408

冬桜を見るために立ち寄った吉祥寺ですが、何気ない風景も目をこらして見ると、新たに気づくこともあるものだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野の家の寒さと雪での冬じまい(2012/12)

長野の中部地方にある我が家の冬じまいに、12月7日(金)~9日(日)まで行ってきました。

今年は例年になく寒くて、何をやるにも大変でした。気温は昼間で4℃位、夜になると-3℃位になりました。

それでも、行った日は天気が良く、気温はまだ高かったです。庭では、小さなシイタケがほだ木から出ていました。10月末には出ていなかったので、その後出たのでしょう。乾燥と暑さでもうシイタケ菌は死んだと思っていたのですが。

Img_8784

畑に行ってみると、7月上旬に植えた小ネギが結構大きくなっていました。抜いてみると、太くはなっていましたが、白い部分が短くて、土寄せが十分でなかったようです。

Img_8783_2

長野のネギは、寒さからうま味と糖度が高くて美味しいので、東京で市販されているネギはとても食べる気がしません。

ネギを抜いてからダリアの球根を掘り出しましたが、思いのほか大きくなっていて驚きました。肥料もやらずただ植えておいただけなのですが。

夕方は地元の日帰り温泉に入り、露天風呂でゆっくりしました。内湯から露天へ行くときは非常に寒いですが、入ってしまえばやはり露天は最高です。

翌8日の朝は、しんしんと冷えて静かなので、窓を開けてみると何と雪が降っていました。すぐそばの低い山も一面の銀世界で、辺りは10cmほど積もっていました。雪景色は美しくて好きです。でも、早速家の周囲の雪かきです。

Img_8786

モミの木もすっかりクリスマスツリーになりました。

Img_8789_3

この日はお風呂のシャワー栓の水抜き等、防寒対策を徐々にしました。もちろん、水回りは10月下旬から凍結防止の温度をかけてあります。

9日の帰京日には寒さが一段と厳しくなり、朝は-5℃、昼間でも0℃で、真冬日の気温でした。

今年は念入りに冬じまいをし、寒いので少し早めに東京に戻りました。東京は暖かいです !!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧