東京街歩き

上野公園不忍池のハスの花と韻松亭の食事(2013/7/31)

今日で7月も終わり、暑い暑いと言いながらも明日からは何とか8月です。このところは平年並みの気温でしたが、来週からはかなり暑くなるとの予報です。

今日は曇天でそれほど暑くなりそうもなかったので、妻と上野公園不忍池のハスの花を見に出かけました。

ハスの花は午後には閉じてしまうので、午前中に出かけました。上野駅付近はすごい人です。

上野公園の不忍池も、ハスの花を見に来た人や散策する人が大勢いました。外国人の方も多く見かけました。

不忍池は一面にハスが生い茂り、ピンクの花があちこちに咲いていて素晴らしい光景です。

Img_2173

開花したハスの花は30cmほどの大きさがあり、得も言われぬ美しさです。

Img_2174

現在はまだ満開の状態ではなく、3~5分咲きといったところでしょうか。8月上旬に花の盛りを迎えそうです。

Img_2175

つぼみも沢山見られました。

Img_2185

動物園側の池も結構花が咲いていました。

Img_2184

弁天堂まで花を楽しんだ後は、お昼には少し早かったのですが、公園内高台にある韻松亭(いんしょうてい)に向かいました。

韻松亭は、明治8年創業の豆菜料理を中心とする老舗です。以前から一度来てみたいと思っていましたが、テレビで放映されたこともあり、混雑すると思って開店の11時少し前に着きました。すでに十数人の方が並んでいました。

Img_2198

韻松亭は上野公園の高台の一角にあり、すぐ近くには精養軒があります。建物は典型的な日本家屋で、京都の料亭を思わせます。

Img_2188

部屋は、座敷席、テーブル席、掘りごたつ席、カウンター席と色々なタイプがあり、どの部屋からも豊かな緑が見えて落ち着いた雰囲気です。

ランチは、茶つぼ三段弁当(1,680円)、花籠膳<雪>(1,890円)、同<月>(2,600円)、豆富ゆば会席<清流>(4,800円)などがあり、予約は2,600円からとなっています。

Img_2187

通された部屋は、眼下に少し不忍池が見える16畳ほどの座敷席。4組だけのゆったりした座席です。都会の真ん中でこれだけ緑が豊かで静かな場所があるとは驚きです。

Img_2190

食事は茶つぼ三段弁当を頼みました。「タチナガハ」という国産の大豆を使った湯葉、豆富、おからなどの豆の料理と新鮮な季節の料理は素材と彩りが良く、生麩、こんにゃくを含めて手作りされていてとても美味しかったです。因みに、お茶もおから茶でした。

Img_2195_2

品数が多いのでかなりいっぱいになり、ランチは1時間でお願いしますという時間も十分でした。

食事を楽しんで外に出ると、やはり十人ほどの方が並んでいました。

この後、アメ横など上野界隈を散策し、活気のある商店街を後にしました。

それにしても、アメ横はもう松茸が並んでいたり、有名メーカーのスポーツウェアが安く売っていたりして、面白いところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪直後の世田谷ボロ市(2013/1/16)

2013年1月開催のボロ市は、前日に大雪が降った直後の開催となりました。そのため、初日の15日は市を見るのがかなり難しいと思われたので、2日目の16日に妻と行ってきました。

雪の影響を考え、いつもより少し遅い9時過ぎに東急世田谷線の世田谷駅に着くようにしました。

Img_9283

沿線の住宅街ではまだ10cmほどの雪が残っていましたが、会場となる道路はかなり雪がかかれていました。

Img_9284

雪のため、品物を並べるのが遅れたり、出店を取り止めたりした露店がありました。それでも、いつもより少し少ないぐらいの露店が並んでいました。

今日は、名物になっている代官餅を一度食べてみようと思い、妻と後で会う約束をして、先に代官餅が販売されている天祖神社に向かいました。

時間が早かったので、販売所にはまだ行列はできていませんでした。

Img_9298

あんこときなこ餅(各600円)を1パックずつ買い、そばに設けられているテーブル席で味見をしてみました。

Img_9297

あんこのほうはつきたてのお餅にあんこがのせてあり、柔らかくて少し甘過ぎるかなという感じでした。きなこのほうは丸餅になっていて、きなこが香ばしくてほどよい甘さでした。他にからみ餅(600円)も売っています。

ちょっと手荷物になってしまいましたが、お餅を持ちながら今きた道路を戻って露店を見ることにしました。

サイフなどの革製品の露店。カラフルでした。

Img_9287

豆類を売っている地元のお店。安いかどうかは分かりません。

Img_9289

帯の露店。きれいですが、ちょっと高そう。

Img_9309_2

陶器などの露店。ランプもあります。

Img_9314

上の露店の陶器の一部。右下の陶器は2,100円でしたが、奥のほうは高かったです。

Img_9310

別の露店の陶器。ここは安い品物がかなりあります。

Img_9311

湯呑は300円~500円。色々な柄があるものです。

Img_9313

会場を中ほど近くまでくると、道路にはまだ雪が残っていて歩きにくかったです。小学生が社会科見学にきていました。

Img_9290

小さい人形ばかり売っている露店。かわいらしい。

Img_9294

キャラクター商品の露店。なつかしい。

Img_9299

小引出しやタンスを置いてある露店。今は見かけなくなったのでチョット貴重かも。

Img_9301

今回は着物の露店も多く出ていました。

Img_9302

パシュミナのマフラー(1,000円)などを売っている露店。以前、トルコで安く買ってきたつもりが、浅草でも安く売っていました。

Img_9303

いつも行列ができている漬物の露店はまだ空いていました。

Img_9291

評判のたくあんはさっぱりしたシンプルな味です。

Img_9292_3

多肉植物の露店では、かなりの多肉が紅葉していました。

Img_9304

1鉢200円、3鉢500円。ここでハオルチアの鼓笛錦(800円)を買いました。

Img_9307

会場の中ほどにある代官屋敷で妻と待ち合わせ。屋敷も雪を被っていました。

Img_9318

この辺までくると、時間的に混み始めました。天祖神社境内の植物の露店は少なめでした。

Img_9319

藍染の生地や手提げなどを売っている露店。

Img_9333

金襴緞子を電柱に吊るしてアッピールしている着物の露店。確かに目立ちます。

Img_9332

小道に入るとこんな前掛け(1,500円)の露店も。

Img_9331_2

前回もきれいだと思ったベネチアンガラスのペンダント(1,500円)の露店。

Img_9321

手ぬぐいの露店は色々な柄があって、本当に楽しくなります。

Img_9324

100円は安い。

Img_9323

コロッケで行列ができる肉店で食べてみようと思っていたら、今日は揚げ物は休みでした。残念。

Img_9325

漆器の露店。汁椀につい目がいってしまいます。

Img_9330

最後にまた陶器の露店。

Img_9337

ここはなかなかいい藍ものの陶器を手頃な値段で売っています。

Img_9338

ボロ市は、特に欲しいものがあるわけではないのですが、見ていくと楽しいところです。11時半頃会場を後にして、上町駅へ向かいました。

三軒茶屋に着くとお昼頃だったので、キャロットタワー26階のレストラン「スカイキャロット」へ行きました。

日替わり和食ランチ(バチマグロのごま醤油和えとネギトロのお重、950円)にサラダバー(280円)とドリンクバー(200円)を頼みました。

Img_9343

レストランからは雪景色の東京が見渡せ、遠くにスカイツリーも見えて、ゆっくり食事ができました。

Img_9341

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相変わらず混雑の世田谷ボロ市(2012/12/15)

2012年12月のボロ市。今日は土曜日でしかも午後から雨とのことなので、自宅を少し早く出ました。

ボロ市で特に何か買いたい物があるという訳ではなく、何かいい物があればというぐらいのもので、露店を見て歩くだけですが、それでも楽しいものです。もちろん、陶器など毎年欲しい物はありますが、ボロ市とはいえ高くて手が出せません。

9時少し前に東急世田谷線の世田谷駅に到着。例年20万人ほどの人出と言われていますが、この時間だと人はまだそれほど多くありません。

Img_8827

陶器、人形、仏像などを売っている露店に始まり、色々な露店が続きます。

Img_8831

陶器は安いものから高いものまで様々ですが、どうも作成年代と品物の良し悪しの関係が分かりません。

Img_8832

南部鉄瓶も売っていて、いいなと思ったのですが、なかなか使う機会がありません。

Img_8830

道具類の露店。一つの道具でも随分種類があるものだと思います。

Img_8829

藍染などの衣類の露店。木綿の品物だけかどうかは分かりません。

Img_8833

かわいい柄のテディベアとツリーなども売っています。クリスマスにはちょうどいいかも。

Img_8834

羊毛素材の帽子やバッグなどの露店。やさしい感じの品物です。

Img_8837

キャラクター商品も色々並んでいます。

Img_8838

家庭雑貨の露店。すぐ使えそうな物が色々ありました。

Img_8840

1枚が1万円以上中心の古陶器。う~ん、いいとは思うけど買えません。

Img_8842

着物と帯の露店。今年は着物の店が少ないように思います。

Img_8844

ここもキャラクター商品が並んでいて子供が喜びそう。いや、大人が喜ぶのかなあ ?

Img_8846

藍染の露店。サイズは豊富なようでした。

Img_8847

中間地点ともいえる代官屋敷まで来ました。10時ころになり、気が付くと人が多くなっていて、すごい混雑です。

Img_8848

代官屋敷前はこのとおりです。歩くのもすんなり歩けません。

Img_8849

天祖神社脇では、代官餅(つき立てのお餅を餡子や黄粉でまぶしてある)を求める人の超長蛇の列ができていました。右後ろの最後尾から左側の前のほうに続いていて、さらに折り返して列が右の前の方まで続いています。

Img_8845

天祖神社の境内には、いつものように植物の露店が並んでいます。

多肉植物の露店。3株500円。結構若い女性が買い求めていました。

Img_8850

3株1,000円のコーナー。

Img_8855

シクラメンも安いです。

Img_8851

花苗も色々な種類を売っています。

Img_8852

天祖神社を出ると混雑がひどくなり、小雨もパラツキ始めたので、少し足早に露店を見て回りました。

藍染の生地の露店。柄が色々あります。

Img_8857

ガラスの器も売っています。何故か斬新な感じがしました。

Img_8858

ベネチアンガラスのペンダント。お店の人は、イタリア人かどうか分かりませんが、外人でした。

Img_8859

手ぬぐいの露店。色々な柄があって楽しくなります。

Img_8860

革製のバッグの露店。

Img_8863

汁椀はなかなかいい色艶をしていました。値段も手ごろです。

Img_8864

あまり古くない、でも懐かしい物を売っている露店。

Img_8866

まだ、もう少し見たい気もありましたが、11時ころにはボロ市を後にして、上町の駅へ向かいました。

混雑は相変わらずでしたが、今日は午後から雨の予報のためか、露店の開店も遅く(雨対策で手間取っていました)、人出も今年の1月ほどではなかったように思います。

ボロ市って、何ていうことはないのですが、何か面白い、楽しいところです。

今日買った木製の人形(紐を引くと手足が上下します。400円)とクリスマスツリー(200円)です。

Img_8867

Img_8868


| | コメント (4) | トラックバック (0)

すごい混雑 世田谷ボロ市(2012年1月)

いやー、すごい混雑でした。

1月の世田谷ボロ市は、初日が日曜日なので非常に混雑することを予想していましたが、それにしてもすごい人でした。

今日(15日)は混雑を避けるため9:00には世田谷駅に着くようにしましたが、駅前からすでにかなりの人出でした。

Img_4052

露店はもう結構オープンしていました。代官屋敷の方に向かって歩いていきます。

ステンドグラスで作った時計のお店。前の方にトトロの時計が見えます。

Img_4054

調理器具のお店。

Img_4055

レースや陶器など西洋雑貨のお店。

Img_4056

陶器のお店。

Img_4059

革で作ったキーホルダーのお店。一つ500円。

Img_4060

古陶器のお店。中段の陶器には45,000円の値札が付いていました。

Img_4061

人形、ラジオ、カメラなど昭和を彷彿とさせるお店。

Img_4063

中南米の民族衣装を思い起こさせるお店。

Img_4064

いつも何店か出ているきもののお店の一つ。

Img_4066

帯のお店。

Img_4068 

人形のお店。

Img_4069

藍染衣類のお店。

Img_4070

代官屋敷の前まで来ましたが、人が多くて露店をゆっくり見ることはできません。上町駅方向はいっそう混んでいます。

Img_4071

天祖神社の境内にはいつものように植物の露店が沢山出ていました。バラ咲きのプリムラジュリアンなど春の花が色々並び始めていました。

Img_4076_2

天祖神社を出てまた上町駅方向に歩きますが、とに角人が多すぎて露店を見るどころかすれ違うのが精一杯でした。

古陶器のお店。欲しいものがありましたが手が出ません。

Img_4073

のれんと風呂敷(?)などの藍染のお店。

Img_4080

てぬぐいのお店。かわいらしい柄が色々あります。

Img_4082

キャラクターの人形などのお店。

Img_4084

人ごみをやっと抜け出て上町駅へ。もう後半からはお店を見るというよりは人を見るといった感じでした。

三軒茶屋まで戻ると、世田谷線に乗る人の長蛇の列ができていました。因みに、今年の12月のボロ市は土曜・日曜日の開催になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷ボロ市(2011年12月)

今年も12月の世田谷ボロ市に妻と行ってきました(2011年12月15日(木))。今年は絶好のボロ市日和ともいえる暖かい陽気で、早朝から大勢の人が来ていました。

何回かボロ市に来ていると、自分が見たい露店がどこにあるのかとか(大体同じお店が出店しています)、陶器の良し悪しなど、何となく品定めができるようになってきました。でも、要は気に入ったものがあるかどうかと値段がいくらなのかによって買うか買わないかが決まります。

9:00過ぎに東急世田谷線の「世田谷」駅に到着。横断歩道を渡るとすぐ露店が続いています。妻とは後で代官屋敷前で待ち合わせることにして分かれました。

Img_3713

キャラクターの人形などを売っているお店。マニアの方なら欲しい物がありそうです。

Img_3715

陶器や少し前の調度品を扱うお店。ボロ市では、陶器類ときものなどの衣類を扱うお店が多いようです。

Img_3717

飾り物など調度品中心のお店。飾り棚の2段目には砲筒があります。一体いつごろのものなのか。

Img_3719

陶器のお店。あまり古いものではなさそうで、値段も手頃です。

Img_3721

別のお店の陶器。左のお皿は古伊万里(江戸中期)で、右のお皿は10,500円の値段が付いていました。う~ん、何となく分かるような気もしますが、よく分かりません。

Img_3723

きものなどのお店。大ていは帯などもあり女性で賑わっていました。

Img_3724

きものだけのお店。結構カラフルな柄もあります。

Img_3730

古いラジオなどを売っているお店。こんなラジオ珍しいですね。

Img_3726

漬物(沢庵)で有名なお店は相変わらずの列。昨年買って食べてみましたが、また買って食べたいと思うほどではありませんでした。長野で漬物を食べつけているせいかも知れません。

Img_3733 

帯中心のお店。帯って柄といい生地といいなかなか高級感があります。

Img_3738   

かごなどのお店。値段は手頃で日常使いやすいものが多く置いてありました。

Img_3752

そうこう見ているうちに、あっという間に待ち合わせ時間になり、代官屋敷前へ。

Img_3757 

代官屋敷前の道はいよいよ混雑が激しくなりました。

Img_3741

天祖神社脇では、東北の復興支援ということで、東北の物産を販売していました。お店には、以前TVの「進め、電波少年」で有名になった‘なすび’さんも福島出身ということで、販売を手伝っていました。

Img_3763

この後まだ見たいところがあったので、妻とはまた後で会うことにしました。

道具類のお店。なかなかいい品物がありそうです。

Img_3739

古い陶器のお店。一番手前のお皿はみな12,000円の値段が付いていました。ちょっと買えません。

Img_3756

天祖神社の境内へ行くと、植物の露店がいつものように沢山出ていました。

多肉植物、シクラメン、葉ボタン、ビオラ、柑橘など様々な種類の植物を売っています。今年は葉ボタンが多くなったような気がします。シクラメンなど値段が手頃なものも結構あります。

Img_3744_2

Img_3745

Img_3759

天祖神社を出て妻と再度落ち合い、上町駅方向に歩きました。

てぬぐいのお店。色々な柄があり素敵です。手ぬぐいのお店は初めてのような気がします。

Img_3764

ここも人気のある肉屋さんで、コロッケを買うのに長い列ができていました。

Img_3765

琥珀のアクセサリーのお店。琥珀なので値段はかなり高いですが、とても品があります。お店の人は、日本語ができる外国人の女性でした。

Img_3766

漆器のお店では、日常使いのお椀などが手頃な値段で売っていました。

Img_3767_2

人ごみをやっとのことで抜けるともう12:00を過ぎていました。まだ見たいところもありましたが、混雑がすごいので、来年の1月15か16日に来ることにして、「上町」駅へ向かいました。

混雑はしましたが、とても楽しい半日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷ボロ市(2011年1月)

2011年1月15日の世田谷ボロ市は土曜日なので、いつもより早く家を出て8:50頃には東急世田谷線の「世田谷」駅に到着しました。

Img_4135_2

駅の隣の空地スペースでは野菜や乾物などの露店が品物を並べ始めているところでした。ドライトマト(左から2番目のざる)ってどんな味がするんでしょうか。

Img_4136

露店はまだ開店準備で品物が全部並んでいませんが、人が少ないのでゆっくり見られます。

Img_4138

どうしても陶器のお店に目がいってしまいます。でも、どれがいいのかよく分かりません。

Img_4139

帯やきものを売っているお店です。端切れなどもあって女性達が結構見ています。

Img_4140

古着のお店では女性達がさかんに品物を選んでいました。生地を使って色々創作される方が多いのですね。

Img_4142   

この古い陶器を売るお店はなかなかいいものを置いています。手前右側のお皿は10,500円です。

Img_4143

赤絵皿は1枚3,500円ぐらいで、そこそこの値段です。

Img_4144

他の陶器のお店では1枚500円ぐらいの小皿も売っていました。ただ、ブログの画像では良し悪しが分からないと思います。

Img_4147

特に何が売り物ということではなく、全体的に古い物を置いているお店です。

Img_4149 

沢庵で有名なお店の前へくると列が短かかったので、1本500円の沢庵をはじめて買いました。

Img_4152

自宅に帰って食べてみると、歯ごたえがよく、素朴な味でなかなか美味しかったです。市販の沢庵みたいに変に甘かったり塩辛かったりしません。

Img_4191

漬物店からまた歩き始めると、珍しく銅製品を売るお店がありました。いい品物を置いていますが結構高価です。いい音色の鈴があったので買おうと思ったら3,500円だったので、諦めました。

Img_4153

ブリキのおもちゃを売っているお店もあります。

Img_4156

この後、天祖神社境内の植物のお店を見ました。代官餅を買う人の長蛇の列ができていました。

始めに多肉植物のお店です。1鉢200円、3鉢500円ということで、ご婦人達がたくさん買っていました。

Img_4171

色々あってどれにしようか迷ってしまいます。

Img_4172

シクラメンを売っているお店は、大きな鉢が1,000円でとてもお買い得な感じがしました。

Img_4169

クリスマスローズも花付き株が出始めていて、ニゲル(多分交配種)なども安いと思いました。

Img_4164

原種シクラメンのコウムやヘデリフォリウムも売っていました。

Img_4166

黄花椿の金花茶(挿し木苗)を300円で売っているのはびっくりしました。以前はとても高価でした。

Img_4168

天祖神社を出ると、驚いたことにこの1時間ほどの間に道路は人でごった返していました。時間は10時頃です。

Img_4175

ちょっと休憩しようと思い、群馬県や新潟県などの地域の物産を売っている路地へ入り、甘酒(100円)を買いました。

Img_4177 

そして、一息つきに代官屋敷へ。代官屋敷だけは静かです。

Img_4176_2

気を取り直して再び露店を見て歩きます。

いつもいいものが置いてある古民具のお店です。レイアウトもなかなか素敵です。

Img_4181_3

人気のある肉屋さんもコロッケを買う長い列ができていました。

Img_4183

漆器のお店も手頃な値段です。

Img_4184

ここもいい陶器を割合手頃な値段で売っているお店です。数年前に比べて値段が2/3ぐらいになっているとお店の人が言っていました。

Img_4186

キャラクター商品を置いているお店ですが、死にかけ人形なんて売っていてちょっと嫌ですね。

Img_4188

民族衣装みたいなものを売っているお店もありました。

Img_4189_2

やっと人ごみを抜けると11:00頃になっていました。とに角すごい人です。明日(16日(日))行かれる方はなるべく早く行くことをおすすめします。「上町」駅はここからすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世田谷ボロ市(2010年12月)

今日(2010年12月15日)、世田谷のボロ市に妻と行ってきました。朝8:30頃自宅を出て、9:15頃東急世田谷線の「世田谷」駅に到着。駅の隣の広場では野菜や漬物などの露店が出るようになっていました。

Img_6269_2

横断歩道を渡るとすぐ露店が続いています。今年はTVでボロ市界隈を放映したので、早くから人出が多くなっています。

前回出店していた露店は大体おなじところに出ているので、行きたい露店は頭にあるのですが、ひととおり見ていくことにします。ただ、妻とは見たいところが違うので、10:45に代官屋敷前で待ち合わせることにしました。

かわいらしい人形などを売っているお店です。

Img_6271

陶器は品定めが難しく、どれがいいものなのかよく分かりません。

Img_6272

革製品などのお店もあります。

Img_6273

きもののお店です。大抵帯や布などもあって女性で賑わっています。

Img_6274

帯専門のお店です。色々な柄がありそうです。

Img_6276 

ひと昔前の道具類も売っています。どこかで見たようなものもあります。

Img_6279_2

きもののお店は割合多く、女性達が盛んに品定めをしています。

Img_6284

昭和の生活を思い起こさせる品物が並んでいます。

Img_6285

漬物で有名なお店では長蛇の列ができていました。お店の人が400円の沢庵は売り切れましたと大声を出していました。

Img_6288

いつも気になる道具のお店です。

Img_6292

ちょっといいと思っても高くてなかなか手が出せない陶器もあります。う~ん、高い。

Img_6296

今日特に気にかかったのが、下の画像の右上の扉がライティングビューローみたいに水平に開く戸棚?です。お店の人がいなくて値段は聞けませんでした。

Img_6297

天祖神社の境内では植物の露店がいつものように沢山出ていました。

色々な種類の多肉植物を売っているお店。かなり紅葉しているものもあります。

Img_6308

シクラメンは色彩がとてもきれいで値段も手頃だと思います。

Img_6309

その他、様々な草花や果樹・花木を売っていました。

そうこうしているうちに、待ち合わせ時間の10:45近くになったので、代官屋敷前へ。

Img_6306

代官屋敷前からはボロ市の横断幕が見えます。

Img_6303

ここからは妻と一緒に露店を見ることにしました。その前にちょっと休憩をと思ったのですが、一段とすごい人出になっています。前回の1.3倍ぐらいの感じでしょうか。

Img_6304

天祖神社脇の群馬県や新潟県などのお店もごった返しています。

Img_6314

休憩をあきらめて上町駅方向に歩いていくことにしました。

なかなかいいものが置いてある古民具のお店です。

Img_6320

ここも人気のある肉屋さんで、コロッケを買うのに長い列ができていました。

Img_6321

漆器のお店では、日常使いのお椀などが手頃な値段で売っていました。

Img_6322

この通りでもかわいいキャラクターの商品を並べているお店がありました。

Img_6323

人ごみを抜けると11:30頃になっていました。とても戻って見る気にはなれなかったので、「上町」駅へ向かいました。

途中、やはり天然酵母のパンで有名なお店に寄り、クルミパンとメロンパン(売り切れ寸前でした)を買いました。

Img_6330

今日は気温が13度と比較的暖かい日でしたが、とに角人が多く、露店をゆっくり見ることはできませんでした。甘酒などの飲食物のお店が多くなり、西洋アンチークなどのお店が少なくなったような気がします。

明日の16日も混むと思いますし、来年の1月15・16日は土・日曜日なので、さらに混むかもしれません。でも、今日はとても楽しい半日でした。1月もまた来るつもりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

合羽橋道具街散策

身内から浅草に近い合羽橋道具街へ行きたいとの話があり、今日(7月14日)車で出かけてきました。

久しぶりの合羽橋ですが、余り変わってはいません。車なので言問い(こととい)通りのほうから、東京メトロ銀座線の「田原町」駅方向に歩くことにしました。

Img_4395

さすが道具街です。左右のアーケードには、食器や厨房器具関係のお店が軒を連ねています。飲食店を始める人は、ここへ来れば何でも揃うでしょう。

Img_4394

もともとは問屋街だったのでしょうが、現在はどこのお店でも個人客を快く迎えてくれます。

Img_4402

大袋のお菓子を売っているお店もありました。食べ応えがありそうです。

Img_4404

ついつい足を止めてしまうのが食品サンプル店。このお寿司のサンプルなんてよくできています。値段も手ごろです。

Img_4409

テーブルやイスを専門に売っているお店もあります。

Img_4410

20分ほど見て歩くと合羽橋の信号機のところにきました。ここが真ん中あたりだと思います。

Img_4412

台東区の南方面の主要地を走る「めぐりん」バスも通っていますので、他に行きたい所がある方は利用されると便利です。

Img_4411

横道の浅草方向を見ると、建設中の東京スカイツリーが大きく見えます。

Img_4413

陶器を見たいとのことでキャニオンに入りました。ここは白い器が中心で色々な種類があります。ウェッジウッドなどの輸入陶器も置いてあり、全体的に2~3割安いように思います。

Img_4417

一軒手前には大皿やどんぶりの器を売っているお店もありました。

Img_4416

陶器のお店を出てさらに歩くと、また食品サンプル店があり、足を止めてしまいました。本当に美味しそうです !

Img_4420

しかし、このサンプルは以外と高いのです。やはり本物を食べたほうがいいかも。

Img_4421

こうしてお店を見てるうちに「田原町」駅近くに来てしまいました。反対側には屋上のコックの顔の宣伝で有名なニイミがあります。

Img_4422

もう12時を過ぎていたのでお昼を食べようと思いましたが、合羽橋周辺には適当な食事処がありません。そのため国際通りまで歩き、子供もいたので結局ファミレスに入りました。

食事後はまた合羽橋に戻って、気になったお店を見てまわって帰りました。

途中、鶯谷の「玄結び」という自然指向の喫茶店で食べた2色アイス(大麦黒酢と大麦カシス)がとても美味しかったです。

Img_4425

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二子玉川街歩き

今日(2010年7月2日)、久しぶりに妻と二子玉川(東急田園都市線=東京メトロ半蔵門線乗り入れ)の街を歩いてきました。

といっても、妻は高島屋とcraf (ソレイアードの生地などを販売しているお店) へ、私はガーデンアイランドのプロトリーフへ行っただけなのですが。昼食は待ち合わせをしました。

二子玉川は行くたびに近代的なビルが建って、ちょっと外国の雰囲気も漂いますますハイソな街になってきたように思います。

二子玉川の駅を西口に出ると、目の前に高島屋のなかなか洒落たビルが現れます。

Img_4255

この高島屋、店内はゆったりとしたスペースに専門店などが並んでいて、都心のデパート以上に高級感があります。もちろん、ブランドショップも本館や西館に色々入っています。

Img_4254

妻は高島屋のあと、ソレイアードの生地や小物類を売っている craf (高島屋西館から2、3分)へ行くとのことでした。

Img_4251

私は、高島屋から246号線を渋谷方向へ10分ほど歩いた、ガーデンアイランドのプロトリーフへ行きました。途中、GAPや無印良品の建物があります。

Img_4241

ガーデンアイランドは、植物や園芸資材を販売するプロトリーフ、趣味・生活雑貨・ペットなどのショップが入った商業施設です。屋上には庭園に面したブッフェ形式のレストランもあります。

ガーデンアイランドの入口です。

Img_4244

プロトリーフの入口です。プロトリーフは、NHKの趣味の園芸講師などで活躍する金子明人さんが副店長をしています。

Img_4245

店内です。季節の花を中心に海外の花木なども揃っています。今年のクリスマスローズ展では、ゴールドネクタリーの大株も数鉢並んでいました。

Img_4246

屋外の花やハーブなどの苗のコーナーです。色とりどりの様々な品種が揃っています。

Img_4248

樹木類の苗が並ぶ屋上に続く洋風庭園です。静かでゆっくりできます。

Img_4250

そうこうするうちにお昼近くになったので、待ち合わせ場所の高島屋南館へ。

南館のレストランは、和食、洋食、中華と雰囲気のいいお店が色々ありますが、9階の celeb de TOMATO へ行きました。12時前でしたが既に空席待ちの状態でした。

Img_4256

トマト料理の専門店なので、色々なトマトも販売しています。

Img_4259

ランチメニューはリゾットコースにしました。

Img_4258

完熟トマトのサラダです。熟したトマトの味が何ともいえない美味しさです。

Img_4260

メインのトマトリゾットです。半熟玉子がのっていて、濃いトマトの味とほどよい酸味がとても美味しいです。

Img_4263

デザートのトマトのワインゼリーです。アルコール分は飛んでいてさっぱりした味です。この他にコーヒーか紅茶がつきます。

Img_4264

女性に人気のお店らしく、60人強のお客さんの中で男性は私一人でした。女性達の賑やかな会話の中お店を後にしました。

帰る途中、前回食事したふぐ料理で有名な春帆楼茶寮(注)の前を通りました。

Img_4267

(注) 下関にある春帆楼本店は、初代首相伊藤博文ゆかりの宿で、日清講和条約締結の会場にもなったところです。また、ふぐ料理公許の第1号店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)